作成日:2002年01月15日、更新日:2005年02月08日 作成:鷹の巣

自分のドメイン名に設定したDNSサーバーの設定値を nslookup コマンドで調べる方法を示します。


nslookup コマンドで、DNSサーバーを調べよう。

nslookupコマンドは、PC-UNIX(Mac OSXを含む)ユーザーやWindows NT/2000/XPユーザーのみ使用出来ますが、ここでは、 Windows 95/98/MeユーザーやMacユーザーでも調べられるようWeb上で、nslookupコマンドと同等の機能を使用して調査を行います。
注)このコマンドは、DNSサーバーのbind9までは、確実に使用出来ます。(将来の代替のコマンドは、hostとdigとdnsqueryになります。)

1. 自分のグローバルIPアドレスを確認

自分のグローバルIPアドレスを調べます。この確認くんをクリックしてみてください。(プロキシ(代理)サーバーを経由しないで下さい。) ここの上から3番目の項目の「現在接続している場所(現IP)」にあなたのグローバルIPアドレスが表示されています。 このグローバルIPアドレス(vvv.xxx.yyy.zzz)を控えておきます。

2. 自分のドメイン名が登録されているかどうかを確認

サブドメイン名(sub.example.com)の方は、次の項3に進んで下さい。

自ドメイン名(example.com)の方は、IPアドレスでも検索可能なMeta-Whois Gateway(統合型Whois検索)Meta-WhoisIPドメインSEARCHで、自分のドメイン名が登録されているかどうかをまず調べて下さい。 レジストラ(登録業者)にて自ドメイン名を新規に登録された場合は、数時間経過していないと、正常に表示されません。 自ドメイン名が正しく表示されてから、次の項3に進んで下さい。 尚、次の項3の「WHOIS」欄(一番下の赤枠部分)にドメイン名を入力しても調べることが出来ます。

3. インターネット上から、ネットワークコマンドを実行

インターネット上から、ネットワークコマンドを実行できるWebサイトを紹介します。(OSは、関係ありません。)

下図Web site, web server, web page and cgi monitoring services by WebSitePulse.com注)サイトは、色々な試験が出来ますので、是非、自宅サーバー構築時の検証にご活用して下さい。

注)2002年1月15日HAL2000さんよりリンクを頂戴致しました。詳細は、Internet Test Toolに書いていますが、以下の機能があります。

  1. Web Site Test 外部からアクセス出来るかを検証。
  2. Host Name Test (サブ)ドメイン名が正しく、IPアドレスに変換されるかを検証。(DNSサーバーの検証)
  3. PING ICMPパケットを発行して、応答時間を計測。(IPアドレスも入力可能。)
  4. Traceroute このサイトから、(サブ)ドメイン名迄のパケットが到達する経路を表示。(IPアドレスも入力可能。)
  5. WHOIS 自ドメイン名の所有者の情報を調べる。

このサイトでは、nslookupコマンドの機能の一部として、Host Name Testがあります。入力した(サブ)ドメイン名が正しく、IPアドレスに変換されるかを検証。(DNSサーバーの検証)

WebSitePulse.com - free webmaster tools

Hostname:

 

このサイトの「HostName Test」欄に(サブ)ドメイン名を入力して、下図の様に項1で調べておいたIPアドレスが表示されることを確認することも出来ます。

HostName Lookupの結果

HostName Lookup results

Name:example.com Known IP Addresses:-vvv.xxx.yyy.zzz

4. インターネット上から、nslookupコマンドを実行

Nslookupサイトでも、調べることが出来ます。 こちらは、メールの受信に関係するMXレコードの設定情況を調べたり出来るので、よりnslookupのコマンドに近いものになっています。

nslookupのサイトのデータ入力画面

操作方法は、全て同じで、

  1. domain欄に(サブ)ドメイン名やホスト名を入力します。
  2. query type欄に調査する種類をドロップダウンメニューで以下の中から選択します。
    ★A - Address(IPアドレス) ★NS - Name server(ネームサーバー)●CNAME - Canonical name(別名) ●SOA - Start of authority(権威の始め)●MB - Mailbox domain(郵便箱ドメイン)●MG - Mail group member(郵便仲間会員) ●MR - Mail rename domain(郵便改名ドメイン)●NULL - Raw data record(生記録データ)●WKS - Well-known services(既知の奉仕) ●PTR - Domain pointer(逆引き指針)●HINFO - Host info(終端名情報)●MINFO - Mailing list info(郵便一覧情報) ★MX - Mail exchange(郵便交換)●TXT - Text strings(平文)●RP - Responsible person(責任者) ●AFSDB - AFS database(アンドリュース・ファイル・システム・データベース)●X25 - X25 PSDN address(X25 PSDNアドレス) ●ISDN - ISDN address(ISDNアドレス)●RT - Route through(通過経路、MXと同様) ●NSAP - NSAP address(ネットワーク・サービス・アクセス・ポイント・アドレス)●NSAP-PTR - NSAP-style pointer(NSAP形式指針) ●SIG - Security signature(保安署名)●KEY - Security key(保安鍵)●PX - X.400 mail mapping info(X.400郵便分布情報) ●AAAA - IPv6 address(インターネット通信手順改版6形式のIPアドレス)●LOC - Location(位置)●NXT - Next domain(次ドメイン) ●SRV - Location of services(奉仕位置)●NAPTR - Naming authority pointer(命名権威指針)●KX - Key exchange delegation(鍵交換委譲) ●UINFO - User info(使用者情報)●UID - User ID(使用者識別名)●GID - Group ID(グループ識別名) ●MAILB - Mailbox-related records(郵便箱中継記録)★ANY - Any type(全形式)
  3. Go(実行)押しボタンを押します。

5. (サブ)ドメイン名の正引き

この項からは、nslookupのコマンドの使用例を示します。

nslookupのコマンドラインの引数は、対話モードに入って、「?」と入力すれば、英語で表示されますが、良く分からなければ、 WWWのおもちゃWindows 95のTCP/IPnslookup DNS情報の調査のnslooupコマンドオプション一覧をご覧願います。

nslookupコマンドでドメイン名の正引き例

C:\>nslookup example.com <-----------取得したドメイン名example.comを問い合わせる。
Server: eagle.asahi-net.or.jp <-------使用する(プロバイダ等の)DNSサーバー名
Address: 202.224.32.1 <---------------使用する(プロバイダ等の)DNSサーバーのグローバルIPアドレス

Name: example.com <-------------------問い合わせたドメイン名が表示される。
Address:vvv.xxx..yyy.zzz <------------問い合わせたドメイン名に対応するグローバルIPアドレスが表示される。

画面では、水色がコマンド入力、緑色が得られた結果の注目すべき表示、赤色が注目すべき説明としております。

IPアドレスが正しく表示されない場合は、ダイナミックDNSサービス側の設定やIPアドレスの更新が出来ていません。

6. (サブ)ドメイン名の逆引き

nslookupコマンドでドメイン名の逆引き例

C:\>nslookup vvv.xxx.yyy.zzz <----------IPアドレスを問い合わせる。
Server: eagle.asahi-net.or.jp <----------使用する(プロバイダ等の)DNSサーバー名
Address: 202.224.32.1 <------------------使用する(プロバイダ等の)DNSサーバーのグローバルIPアドレス

Name:jXXXXX.ppp.asahi-net.or.jp <--------問い合わせたIPアドレスに対応するドメイン名が表示される。
Address: vvv.xxx.yyy.zzz <---------------問い合わせたIPアドレスが表示される。

画面では、水色がコマンド入力、緑色が得られた結果の注目すべき表示、赤色が注目すべき説明としております。

現在の非固定IPアドレスでは、プロバイダが設定した(サブ)ドメイン名が表示されます。

7. (サブ)ドメイン名のNS(ネームサーバー)を調べる

nslookupコマンドでドメイン名のNS(ネームサーバー)を調べた例

C:\>nslookup<----------------------------------------対話モードに入る。
Default Server: eagle.asahi-net.or.jp <-------------使用する(プロバイダ等の)DNSサーバー名
Address: 202.224.32.1 <-----------------------------使用する(プロバイダ等の)DNSサーバーのグローバルIPアドレス

>set type=NS <--------------------------------------NSレコードを問い合わせる。
>example.com <--------------------------------------取得したドメイン名example.comを問い合わせる。
Server: eagle.asahi-net.or.jp
Address: 202.224.32.1

Non-authoritative answer:
example.com nameserver =ns2.minidns.net <-----------問い合わせたドメイン名example.comのセカンダリネームサーバーが表示される。
example.com nameserver =ns1.minidns.net <-----------問い合わせたドメイン名example.comのプライマリネームサーバーが表示される。

ns2.minidns.net internet address =202.64.51.215 <---セカンダリネームサーバーのグローバルIPアドレスが表示される。
ns1.minidns.net internet address =202.64.51.214 <---プライマリネームサーバーのグローバルIPアドレスが表示される。
>exit <---------------------------------------------対話モードを抜ける。

C:\>

画面では、水色がコマンド入力、緑色が得られた結果の注目すべき表示、赤色が注目すべき説明としております。

NS(ネームサーバー)が正しく表示されない場合は、ダイナミックDNSサービス側の設定やレジストラ(登録業者)での登録が出来ていません。

8. (サブ)ドメイン名のメール配送先を調べる

nslookupコマンドでメール配送先を調べた例

C:\>nslookup <--------------------------------------対話モードに入る。
Default Server: eagle.asahi-net.or.jp <-------------使用する(プロバイダ等の)DNSサーバー名
Address: 202.224.32.1 <-----------------------------使用する(プロバイダ等の)DNSサーバーのグローバルIPアドレス

>set type=MX <--------------------------------------MXレコードを問い合わせる。
>example.com <--------------------------------------取得したドメイン名example.comを問い合わせる。
Server: eagle.asahi-net.or.jp
Address: 202.224.32.1

example.com MX preference = 10, mail exchanger =example.com <---------メール配送先のドメイン名が表示される。
example.com nameserver =ns2.minidns.net <-----------問い合わせたドメイン名example.comのセカンダリネームサーバーが表示される。
example.com nameserver =ns1.minidns.net <-----------問い合わせたドメイン名example.comのプライマリネームサーバーが表示される。
example.com internet address = vvv.xxx.yyy.zzz
ns2.minidns.net internet address =202.64.51.215 <---セカンダリネームサーバーのグローバルIPアドレスが表示される。
ns1.minidns.net internet address =202.64.51.214 <---プライマリネームサーバーのグローバルIPアドレスが表示される。
>exit <---------------------------------------------対話モードを抜ける。

C:\>

画面では、水色がコマンド入力、緑色が得られた結果の注目すべき表示、赤色が注目すべき説明としております。

メール配送先とは、(サブ)ドメイン名でメールwebmaster@example.comの太字部分のフルドメイン名(FQDN)を言います。
メール配送先が正しく表示されない場合は、メールの受信が出来ません。ダイナミックDNSサービス側の設定を調べてください。

目次▲頁先頭