作成日:2002年01月15日、更新日:2004年01月10日 作成:鷹の巣

Web上から利用出来るネットワーク試験ツールを紹介します。(OSは、関係ありません。)


Web上からネットワーク試験

ネットワークコマンドについては、ネットワークコマンド一覧に示した通りですが、自サイトに対して、インターネット上から、ネットワークコマンドを 実行できるWebサイトを紹介します。自宅サーバー構築時の検証に使用できます。(2001年1月15日にHAL2000さんより教えて頂きました。) 入力欄は、全てホスト名のフルドメイン名(FQDN)表記で入力する様になっています。勿論、そのホスト名はグローバルアドレスに変換出来れば、 良い訳で、ホスト名の代わりにグローバルアドレスを入れても検査内容によっては、同じ結果が得られます。 独自ドメイン名の場合は、www.example.comの様なホスト名を入力する方が良いでしょうし、ダイナミックDNSサービスのサブドメイン名を 使用されている方は、そのサブドメイン名がホスト名となります。

1. 自分のグローバルIPアドレスを調査

自分のグローバルIPアドレスを調べます。この確認くんをクリックしてみてください。(プロキシ(代理)サーバーを経由しないで下さい。) ここの上から3番目の項目の「現在接続している場所(現IP)」にあなたのグローバルIPアドレスが表示されています。 このグローバルIPアドレス(vvv.xxx.yyy.zzz)を控えておきます。

2. 自分のドメイン名の登録状況を調査

ダイナミックDNSサービスのサブドメイン名(sub.example.com)の方は、次の項3に進んで下さい。 自ドメイン名(example.com)の方は、IPアドレスでも検索可能なMeta-Whois Gateway(統合型Whois検索)Meta-WhoisIPドメインSEARCHAllwhois.com(IPアドレスで検索不可)で、自分のドメイン名が登録されているかどうかをまず調べて下さい。 レジストラ(登録業者)にて自ドメイン名を新規に登録された場合は、数時間経過していないと、正常に表示されません。 自ドメイン名が正しく表示されてから、次の項3に進んで下さい。 尚、次の項3の「WHOIS」欄(一番下の赤枠部分)にドメイン名を入力しても調べることが出来ます。

3. インターネット上から、ネットワークコマンドを実行

インターネット上から、ネットワークコマンドを実行できるWebサイトを紹介します。(OSは、関係ありません。下図Web site, web server, web page and cgi monitoring services by WebSitePulse.comは、色々な試験が出来ますので、是非、自宅サーバー構築時の検証にご活用して下さい。

WebSitePulse.comサイトのネットワーク試験ページ

上段より、以下の順の試験が可能です。詳細は、次の項以降に示します。

4. Web Site Test
外部からアクセス出来るかを検証。
5. Host Name Test
ホスト名が正しく、IPアドレスに変換されるかを検証。(DNSサーバーの検証)
6. PING
ICMPパケットを発行して、応答時間を計測。(IPアドレスでも入力出来ます。)
7. Traceroute
このサイトから、ホスト名迄のパケットが到達するルートを表示。(IPアドレスでも入力出来る。)
8. WHOIS
自ドメイン名の所有者の情報を調べる。

4. Web Site Test

入力したホスト名で外部から、自宅WWWサーバーにアクセス出来るかを検証。(ftp://として、FTPサーバーへは、アクセス不可です。)

WebSitePulse.com - free webmaster tools

URL:

 

URL欄にhttp://ホスト名/を入力して、「Go」ボタンを押しますと、 正常であれば、下図の様にServer Status欄に200(アクセス正常)の文字が表れます。 ホスト名の代わりにグローバルアドレスを入れても同じ結果が得られます。 ルータの設定やファイヤウォールの設定等が正しければ、外部のインターネットから、自宅WWWサーバーへ必ずアクセス出来ます。

WebSitePulse.comのWeb Site Test結果図

5. Host Name Test

入力したホスト名が正しく、IPアドレスに変換されるかを検証。(DNSサーバーの検証)

WebSitePulse.com - free webmaster tools

Hostname:

 

これは、nslookup コマンドdigコマンドで、正引きを行うことと同じです。 メール配送用のMXレコード等を詳しく調べたい場合は、nslookupコマンドで、調べて下さい。 HostName欄にホスト名を入力して、「Go」ボタンを押しますと、正常であれば、 下図の様に項1で調べておいたIPアドレスが表示されることを確認出来ます。

WebSitePulse.comのHost Name Lookup Test結果図

6. PING

Webサイトから、入力したホスト名迄にICMPパケットを発行して、自サイトまでの応答時間を計測。(IPアドレスでも入力出来ます。)

WebSitePulse.com - free webmaster tools

Hostname:

 

HostName欄にホスト名またはグローバルアドレスを 入力して、「Go」ボタンを押しますと、正常であれば、 下図の様に表示されます。

WebSitePulse.comのPing Test結果図

7. Traceroute

Webサイトから、入力したホスト名迄のパケットが到達するルートを表示。(IPアドレスでも入力出来る。)

WebSitePulse.com - free webmaster tools

Hostname:

 

HostName欄にホスト名またはグローバルアドレスを入力して、「Go」ボタンを押しますと、正常であれば、下図の様に表示されます。

WebSitePulse.comのTraceroute Test結果図

8. WHOIS

入力したホスト名の所有者の情報を調べる。

WebSitePulse.com - free webmaster tools

Hostname:

 

独自ドメイン名の方のみ実施して下さい。 ダイナミックDNSサービスのサブドメイン名を 使用されている方は、ダイナミックDNSサービスの ドメイン名の登録内容が表示されます。 HostName欄にホスト名を入力して、「Go」ボタンを 押しますと、正常であれば、下図の様に表示されます。 自ドメイン名の方で、レジストラ(登録業者)にて 自ドメイン名にDNSサーバーを登録(変更)してから、 直ぐには、正常に表示されません。

WebSitePulse.comのWhois Test結果図

目次▲頁先頭