作成日:2009年03月01日、更新日:2009年03月01日 作成:鷹の巣

OpenVPN を使用したWindows のリモートデスクトップ接続の設定例を示します。


新作 OpenVPN を使用したWindows のリモートデスクトップ接続の設定例

Windows のリモートデスクトップ接続の最初に行う設定例を示します。

このページでは、OpenVPNで、既にVPNサーバー機(IPアドレス:10.8.0.1)とVPNクライアント機(IPアドレス:10.8.0.X)が接続されていることを前提としています。リモートデスクトップ接続では、VPNサーバー機(Windows XP Professional)をVPNクライアント機(Windows XP HOME EDITION)で、遠隔操作することにします。このページの操作説明は、VPNクライアント機での操作となります。

1. OpenVPN を使用したWindows のリモートデスクトップ接続の設定例

  1. Windows のリモートデスクトップ接続使用前の最低限の設定(VPNサーバー機およびVPNクライアント機共)
    Windows にログインする前にアカウントのロックアウトを設定する。

    次に「コントロール パネル」-「管理ツール」-「ローカル セキュリティ ポリシー」を開ける。
    ローカル セキュリティ ポリシー画面

    次に「ローカル セキュリティ設定」画面の「アカウント ロックアウトのポリシー」の「アカウント ロックアウトのしきい値」と「ロックアウト カウントのリセット」と「ロックアウト期間」の設定を行う。ロックアウト期間に長い時間を入れすぎると第三者がロックアウトした場合、正規のパスワード保有者もログインできなくなるので、注意。(Administratorだけは、ロックアウト中でもログインして、ロックアウトを解除できる。)
    ローカルセキュリティポリシーのアカウントのロックアウト

  2. リモートデスクトップ接続の操作前のオプション設定
    以下の操作は、Windows XP HOME EDITION等のVPNクライアント機での操作となります。全て「スタート」-「プログラム」-「アクセサリ」-「リモートデスクトップ接続」を左クリックして、「リモートデスクトップ接続」画面を起動し、「オプション」ボタンを左クリックする。
    リモートデスクトップ接続

  3. 全般タブにて、リモートのコンピュータ名にVPNサーバー機のIPアドレス(「10.8.0.1」)を入力し、VPNサーバー機のログインユーザー名を入力する。入力後、「画面」タブに切替えます。
    リモートデスクトップ接続全般タブ

  4. 画面タブは、特に設定する内容がありません。下図の様になっていることを確認して、「ローカルリソース」タブに切替えます。
    リモートデスクトップ接続画面タブ

  5. ローカルリソースタブにて、プリンタとクリップボードにチェックを入れます。入力後、「詳細」ボタンを押します。
    リモートデスクトップ接続ローカルリソースタブ

  6. ローカルデバイスとリソース画面になりますので、デバイス全て(4ヶ所)にチェックを入れ、「OK」ボタンを押し、「プログラム」タブに切替えます。
    リモートデスクトップ接続ローカルデバイスとリソース

  7. プログラムタブは、特に設定する内容がありません。「エクスペリエンス」タブに切替えます。
    リモートデスクトップ接続プログラムタブ

  8. エクスペリエンスタブにて、プルダウンメニューから接続速度を選択します。本例では、LAN(最大の10Mbps以上)を選択しています。入力後、「詳細設定」タブに切替えます。
    リモートデスクトップ接続エクスペリエンスタブ

  9. 詳細設定タブは、特に設定する内容がありません。「全般」タブに切替えて、戻ります。
    リモートデスクトップ接続詳細設定タブ

  10. 設定が全て終わりましたので、この全般タブで、「保存」ボタンを押し、次に「オプション」ボタンを押します。
    リモートデスクトップ接続全般タブ保存

  11. 最初のリモートデスクトップ接続の起動画面に戻ったので、ここで「接続」ボタンを押し、VPNサーバー機に接続します。
    リモートデスクトップ接続の接続

  12. 数秒程度時間がかかりますが、接続出来ると、VPNサーバー機のログオン画面が表示されます。ここで、ログインユーザー名のパスワードを入力すると、VPNサーバー機のデスクトップ画面が現れます。ログインユーザー名が管理者権限を持っていれば、シャットダウン以外のあらゆる操作が可能になります。

目次▲頁先頭