投稿日:2006年06月15日 作成鷹の巣

No.20686 Perl_Kill の応用



Perl_Kill の応用

No.20686 投稿時間:2006年06月15日(Thu) 17:34 投稿者名:藤原 URL:

ANHTTPD でcgiとして NAMAZU.EXE を動かしております。 「Error 500」で手を
焼いております。
クライアントが表示途中で交信を切ることがあり、それが NAMAZU.EXE と ANHTTPD
の何かのタイミングに合うと、NAMAZU.EXE がプロセスに残ってしまって、次回の
呼び出し時に error 500 となることまで突き止めました。

また、Perl_Kill を今日見つけまして、ダウンロードしてインストールさせて
頂きましたが、小生はPerlは素人です。
質問1.これは EXE も殺してくれるのでしょうか? (殺さないように見えます)
質問2. 殺さないとすると、$TargetProcessName = "perl"; の行を
$TargetProcessName = "namazu.exe";
に変更することで利用できるでしょうか? (だめのように見えます)

だめなときは、他の方法をご存じでしたらご教授頂くと助かります。
藤原


Re: Perl_Kill の応用

No.20699 投稿時間:2006年06月16日(Fri) 14:33 投稿者名:藤原 URL:

すみません。 お騒がせしました。
自己解決致しました。

-------------------------------
ご参考までに、いとさんの記事を参考に、次の BATCH を動かすことにしました。
------
echo off
:top
pslist "namazu"|find " 0:1"
if errorlevel == 1 goto end
pskill namazu
:end
sleep 540
goto top
----------
sleep は自分で作りました。


目次掲示板過去ログ目次▲頁先頭