投稿日:2005年08月15日 作成鷹の巣

No.19527 回線変更によるIPアドレスの変更。



回線変更によるIPアドレスの変更。

No.19527 投稿時間:2005年08月15日(Mon) 16:25 投稿者名:don URL:

初めて質問させていただきます。donと申します。

ISDNからBフレッツのマンションタイプに変更することになり、
webサーバーのIPを変更しなくてはならなくなりました。
サーバーを構築した担当者はもういないので、自分が未経験ながらも
やらなくてはならなくなってしまいました。

環境は、
os:TurboLinux
ルーター:Web Caster V110(NTT東日本)
ソフト:apache,postfix,BIND,webmin?
備考:
webサーバー、DNSサーバー、メールサーバー兼用
固定IP8個
JPRSに申請、反映済み

本でいろいろと調べたところ、DNSサーバー用の「named.conf」「正引きゾーンファイル」
「逆引きゾーンファイル」を編集して namedを再起動すればいいのでは、というとこまでたどり着きました。
とりあえず各ファイルのIPアドレスの書かれている部分を修正して確認しようと思ったのですが、
namedの再起動ができませんでした。
「whereis named」でnamedを探したところ、「/usr/sbin/named」とあったので
「/usr/sbin/named start」としてみたのですが、
「can't open 'start'」と表示されできませんでした。
「restart」にしても同様にだめでした。

現在このような状態です。独自で調べながらやっているので根本的に間違っているかもしれませんが、
アドバイス等よろしくお願いします。
未経験なもので足りない情報などある思いますが、御指摘いただければ提示していきます。

それと、サーバーのIPの移行の手順みたいなものがあれば、重ねてお願いします。


現在どんな状況でしょうか。

No.19529 投稿時間:2005年08月16日(Tue) 07:40 投稿者名:ふぁらだ URL:

named は停止させ、再実行すれば良い。
つまり、kill で止め
/usr/sbin/named
で良い。
だめならOS再起動や turbo のセットアップ用のユーティリティなどで。
出来ればついでにバージョンアップを。

最終的に行わなければならないのは、DNSサーバー再起動は勿論ですが
グローバルIPをサーバーに振っているならその変更
whois の変更
NSの登録変更
セカンダリー
逆引き
などが必要な場合もあります。

現在どんな状況でしょうか。
もうISDNは止まっていてすぐに光に移動しないとだめなのか、これから準備して移行するのか
移行期間でサーバー停止許容できる期間は?
セカンダリーは同じゾーン上にあるのか、外部なのか
それらの事情により、順番等考慮する必要がある場合もあります。


目次掲示板過去ログ目次▲頁先頭