投稿日:2004年11月11日 作成鷹の巣

No.17683 AN HTTPDのバーチャルホストの設定について。



AN HTTPDのバーチャルホストの設定について。

No.17683 投稿時間:2004年11月11日(Thu) 11:22 投稿者名:SA URL:

バーチャルホストの設定 (AN HTTPD)について質問させていただきます。

鷹の巣様のサイトを参考にさせて頂いて めでたく二つ目の独自ドメインでの
運用ができるようになりました。
ありがとう御座います。

ところで気になることがあるのですが
二つ目の独自ドメインにwww.ホストネームでアドレスバーよりアクセスしますと
AN HTTPDサーバー構築時のドキュメントルートのindexが表示されてしまいます。

二つ目の独自ドメインにwwwをつけなければ AN HTTPDのバーチャルホストの設定時の
ドキュメントルートのindexが正常に表示されています。

DNSはZONEEDITさんでお世話になっており ワイルドカードの設定がしてあります。
また 二つ目の独自ドメインでのメールの送受信も正常に出来ています。

バーチャルホストの設定で鷹巣様のご説明にありましたが
「ドメインの前に*は つけない事」もしかしてと思い*付けてアクセスしてみましたが
やはりご説明どおり 全て サーバー構築時のドキュメントルートが表示されました。

ワイルドカードとはドメインの前に任意の英数字を入れてもアクセスできると認識していますが
間違いでしょうか?

二つ目の 独自ドメインもwwwなどをつけて アクセスできる設定がありましたら
どなたか よろしく御願い致します。(^^;


ここの「*」はワイルドカードではない。

No.17685 投稿時間:2004年11月12日(Fri) 10:07 投稿者名:通-行-人 URL:

> ワイルドカードとはドメインの前に任意の英数字を入れてもアクセスできると認識していますが
> 間違いでしょうか?

ワイルドカード文字の意味と、 それが当該設定個所で使用できるかどうかは別問題です。

AN HTTPD のバーチャルホスト設定では、 ホスト名にワイルドカードを使うことはできません。
「*」 というホスト名に限り 「未登録ホスト用設定」 として機能しますが、 この 「特殊なホスト名」 を除き、 ホスト名の比較は単純な前方一致比較で行われています。

もし仮に 「*.example.com」 という設定を行っても、 その設定は 「http://1.example.com」 や 「http://2.example.com」 では使用されません。
「http://*.example.com」 というアクセスが本当に来ない限り、 使用されることは無いでしょう。

> 二つ目の 独自ドメインもwwwなどをつけて アクセスできる設定がありましたら

同じドキュメントルートに向けて 「www.」 を付けたホスト名の設定を追加すれば、 その 「www.」 を付けたホスト名は利用可能になります。
それ以上の対応は不可能でしょう。


ありがとう御座います。

No.17687 投稿時間:2004年11月12日(Fri) 12:40 投稿者名:SA URL:


通行人さん お答えありがとう御座います。大変勉強になりました。
いろいろ自分なりに本など読んでいましたが ここのところが 気になっていました。
分かりやすい解説と貴重なお時間を頂いた事に感謝いたします。
コピーして保存させていただきました。
また質問させてい頂く事が あるかと思います、そのときも
よろしく御願い致します。


|目次|掲示板|過去ログ目次|▲頁先頭|