投稿日:2004年01月25日 作成鷹の巣

No.14379 プライマリネームサーバに新たなゾーン情報を追加して、セカンダリネームサーバのnamed.confのゾーン定義を追加することは可能?



プライマリネームサーバに新たなゾーン情報を追加して、セカンダリネームサーバのnamed.confのゾーン定義を追加することは可能?

No.14379 投稿時間:2004年01月25日(Sun) 11:35 投稿者名:バインド URL:

新たなゾーン情報をプライマリネームサーバに登録した際、セカンダリネームサーバのコンフィグファイル(named.conf)にゾーン情報を追加することなく、ゾーン転送することは可能でしょうか。要は、プライマリネームサーバのファイル変更だけでスレーブネームサーバを管理する方法はあるのでしょうか。よろしくお願いします。


スレーブ(セカンダリ)側のnamed.confには、あらかじめドメインのゾーンファイル等を定義する必要あり。

No.14419 投稿時間:2004年01月28日(Wed) 11:03 投稿者名:鷹の巣@松阪 URL:http://sakaguch.com/

> 新たなゾーン情報をプライマリネームサーバに登録した際、セカンダリネームサーバの
> コンフィグファイル(named.conf)にゾーン情報を追加することなく、ゾーン転送することは可能でしょうか。
> 要は、プライマリネームサーバのファイル変更だけでスレーブネームサーバを管理する方法はあるのでしょうか。

named.confで、マスタ側が
# ドメイン「example.com」の正引きゾーンを設定
zone "example.com" {
	type master;			# マスタDNSサーバーであることを宣言する。
	file "example.com.zonefile";	# マスタDNSサーバーのファイル名
	allow-transfer { WAN; };		# ゾーン転送の制限
	notify yes;			# プライマリDNSサーバーのデータ更新時、セカンダリDNSサーバーに通知
};

となっていますと、スレーブ(セカンダリ)側のnamed.confには、
zone "example.jp" {
	type slave;			# スレーブDNSサーバーであることを宣言する。
	file "example.com.zonecopyfile";	# スレーブDNSサーバーのファイル名
	masters { vvv.xxx.yyy.zzz; };	# マスタDNSサーバーのIPアドレス
};
ということを最低限書いておかなければなりません。
また、スレーブ(セカンダリ)DNSサーバーからゾーン転送
(上記の例では、example.com.zonefileをexample.com.zonecopyfileにコピーすること)
するには、スレーブ(セカンダリ)DNSサーバーがマスタDNSサーバーにTCPで接続してくることから、
マスタDNSサーバー側は、通常のUDP53番ポート以外にTCP53番ポートもインターネットに
開放していなければなりません。

この様にしておけば、マスタDNSサーバー側のシリアル番号が増えて、「notify yes」で、
プライマリDNSサーバーのデータ更新時、スレーブ(セカンダリ)DNSサーバーに通知がくれば、
スレーブ(セカンダリ)DNSサーバーにゾーンファイル(example.com.zonecopyfile)が作成されます。

余談ですが、信頼できないスレーブ(セカンダリ)DNSサーバーだったら、マスタDNSサーバー側に
options {
	max-transfer-time-in 60;		# 転送制限時間60分(何も書かなければ初期値は、120分)
};
という様に書かれたりします。


|目次|掲示板|過去ログ目次|▲頁先頭|