投稿日:2003年12月18日 作成鷹の巣

No.13956 Webサーバーのドキュメントのディレクトリについて、ご意見を。



Webサーバーのドキュメントのディレクトリについて、ご意見を。

No.13956 投稿時間:2003年12月18日(Thu) 15:51 投稿者名:Folly URL:http://yatao.net/

こんにちは。
ちょっと意見をお聴かせください。

自宅サーバー(www,mail)を構築して遊んでいるのですが、今回Server機を切り替える予定です。
そこで一度構成の見直しをしているのですが、
みなさんはWebのデータをどこにおいていますか?
Apache2でのDefaultは/usr/local/apache2/htdocsだと思うのですが、googleで設定例などをみると
/var/www/のしたにぶら下げているのもよく見かけます。
自宅サーバーを管理していく上で、個人ユーザーをwww用のユーザーグループにしてやれば
どこで管理しても一緒なのかもしれませんが、
皆さんはどうしていらっしゃるのでしょうか。

ちょっと気になりました。


私は、/home以下です。

No.13960 投稿時間:2003年12月18日(Thu) 16:42 投稿者名:sugari URL:

> こんにちは。
> ちょっと意見をお聴かせください。
>
> 自宅サーバー(www,mail)を構築して遊んでいるのですが、今回Server機を切り替える予定です。
> そこで一度構成の見直しをしているのですが、
> みなさんはWebのデータをどこにおいていますか?
> Apache2でのDefaultは/usr/local/apache2/htdocsだと思うのですが、googleで設定例などをみると
> /var/www/のしたにぶら下げているのもよく見かけます。
> 自宅サーバーを管理していく上で、個人ユーザーをwww用のユーザーグループにしてやれば
> どこで管理しても一緒なのかもしれませんが、
> 皆さんはどうしていらっしゃるのでしょうか。

私は、/home以下です。
理由は、ユーザーを作成すれば、勝手にディレクトリが出来て便利かなというのと、
初めて借りたレンタルーサーバの設定がこれでしたので、
サーバを構築した際に、これが標準なのかなと思って真似ましたからです(^^ゞ

今さら無理に変える必要も無いかという事で、ずっとこのままです。


自分以外に与えることもないのでどうなのかなぁって所です。

No.13966 投稿時間:2003年12月18日(Thu) 20:15 投稿者名:Folly URL:http://yatao.net/

> 私は、/home以下です。
> 理由は、ユーザーを作成すれば、勝手にディレクトリが出来て便利かなというのと、
> 初めて借りたレンタルーサーバの設定がこれでしたので、
> サーバを構築した際に、これが標準なのかなと思って真似ましたからです(^^ゞ
> 今さら無理に変える必要も無いかという事で、ずっとこのままです。

なるほど。
初めて構築したときはISPの物が標準だと思ってDefaultでできなかったので
ALIASなどいろいろ勉強させてもらい、~userを実現してやってました。

今になって考えると、自分以外に与えることもないのでどうなのかなぁって所です。


quota で管理できる所

No.13963 投稿時間:2003年12月18日(Thu) 18:35 投稿者名:OAK URL:

何処においても問題はない。
/root /tmp /etc /proc /mnt /dev などには当然やらないよね。

/http とか /www とか作っても良いのでは?
普通は /home/user/の下でしょう。ftpなどで入り易いから。
あとで移動するのもたいした手まで無いし。

quota で管理できる所があとで何かの場合便利。


ftpで問題が出てこないっていうところが魅力ですね。

No.13967 投稿時間:2003年12月18日(Thu) 20:21 投稿者名:Folly URL:http://yatao.net/

> 何処においても問題はない。
> /root /tmp /etc /proc /mnt /dev などには当然やらないよね。
> /http とか /www とか作っても良いのでは?
> 普通は /home/user/の下でしょう。ftpなどで入り易いから。
> あとで移動するのもたいした手まで無いし。
> quota で管理できる所があとで何かの場合便利。
普段自分が使っているUSERの下に置いてDocumentRootにするのがいいかな。とは思っています。
一番操作に影響が出ないから。
quotaについては詳しいことが解らないので何とも言えませんが、Virtual1つ作りたいのなら
アカウント1つ作ってそこに置けば少なくともquotaかけられるのでしょうね。
フルだごとにできる物なのでしょうか。。。

ftpで問題が出てこないっていうところが魅力ですね。


config.layoutを編集すれば すきなところに配置できます。

No.13974 投稿時間:2003年12月19日(Fri) 11:08 投稿者名:stranger URL:

> > 何処においても問題はない。
> > /root /tmp /etc /proc /mnt /dev などには当然やらないよね。
> > /http とか /www とか作っても良いのでは?
> > 普通は /home/user/の下でしょう。ftpなどで入り易いから。
> > あとで移動するのもたいした手まで無いし。
> > quota で管理できる所があとで何かの場合便利。
> 普段自分が使っているUSERの下に置いてDocumentRootにするのがいいかな。とは思っています。
> 一番操作に影響が出ないから。
> quotaについては詳しいことが解らないので何とも言えませんが、Virtual1つ作りたいのなら
> アカウント1つ作ってそこに置けば少なくともquotaかけられるのでしょうね。
> フルだごとにできる物なのでしょ
> > ftpで問題が出てこないっていうところが魅力ですね。
余談
apache2をソースからインストールするなら ./configureを実行する前に
config.layoutを編集すれば すきなところに配置できます
デフォルトは下記のようになっています
<Layout Apache>
prefix: /usr/local/apache2
exec_prefix: ${prefix}
bindir: ${exec_prefix}/bin
sbindir: ${exec_prefix}/bin
libdir: ${exec_prefix}/lib
libexecdir: ${exec_prefix}/modules
mandir: ${prefix}/man
sysconfdir: ${prefix}/conf
datadir: ${prefix}
installbuilddir: ${datadir}/build
errordir: ${datadir}/error
iconsdir: ${datadir}/icons
htdocsdir: ${datadir}/htdocs
manualdir: ${datadir}/manual
cgidir: ${datadir}/cgi-bin
includedir: ${prefix}/include
localstatedir: ${prefix}
runtimedir: ${localstatedir}/logs
logfiledir: ${localstatedir}/logs
proxycachedir: ${localstatedir}/proxy
</Layout>


|目次|掲示板|過去ログ目次|▲頁先頭|