投稿日:2003年11月21日 作成鷹の巣

No.13561 (RedHat)LINUXサーバーで、電源断時のシステムクラッシュの安価な対応方法は?



(RedHat)LINUXサーバーで、電源断時のシステムクラッシュの安価な対応方法は?

No.13561 投稿時間:2003年11月21日(Fri) 16:10 投稿者名:ナンプジャガ URL:

始めましてナンプジャガと申します。
Windowsは3.1から98まで利用してきましたがプログラミングの知識は全くと言って
良いほど有りません。その素人がLINUXで自宅サーバーを立てたいと思っています。
自宅はエアコンや電子レンジが起動する際、間が悪いとブレーカーが吹っ飛びます(^^;;
LINUXサーバーは電源が落ちると高い確率でシステムがクラッシュするとか・・・・
そして、システムのクラッシュは修復するのに高い知識が要求されるとか。
現段階ではUPSを設けるほどの資金は有りません。諸先輩はシステムがクラッシュ
した場合の対応はどの様にされているのか?お知らせ頂けませんでしょうか?


ハードウェアにも悪影響ですので、まずは電源の安定化を行った方がよいでしょう。

No.13577 投稿時間:2003年11月21日(Fri) 22:59 投稿者名:APACHE URL:http://kemuri-net.dip.jp/~server/

> 始めましてナンプジャガと申します。
> Windowsは3.1から98まで利用してきましたがプログラミングの知識は全くと言って
> 良いほど有りません。その素人がLINUXで自宅サーバーを立てたいと思っています。
> 自宅はエアコンや電子レンジが起動する際、間が悪いとブレーカーが吹っ飛びます(^^;;
> LINUXサーバーは電源が落ちると高い確率でシステムがクラッシュするとか・・・・
> そして、システムのクラッシュは修復するのに高い知識が要求されるとか。
突然の停電によるクラッシュはほとんどのOS及びファイルシステムで起こります。
ファイルシステムが改善され起こりにくくはなっているものの100%起きないというものではありません。

またハードウェアにも悪影響ですのでまずは電源の安定化を行った方がよいでしょう。


RIDEを導入すれば停電などによる突然のダウンにも有効でしょうか?

No.13580 投稿時間:2003年11月21日(Fri) 23:46 投稿者名:ナンプジャガ URL:

> 突然の停電によるクラッシュはほとんどのOS及びファイルシステムで起こります。
> ファイルシステムが改善され起こりにくくはなっているものの100%起きないというものではありません。

早速のアドバイス有難うございます。
スタンドアロンでは有りますがWin系では復活の呪文で何とかできました。
Linuxでの対処法についてアドバイスいただければ幸甚です。

> またハードウェアにも悪影響ですのでまずは電源の安定化を行った方がよいでしょう。

予算の関係でUPS導入は難しい状況です。RIDEを導入すれば停電などによる
突然のダウンにも有効でしょうか?


ブレーカの電流を上げてみるというのも一案。

No.13586 投稿時間:2003年11月22日(Sat) 01:26 投稿者名:帯鯖 URL:

帯鯖@名古屋です。

# こういう話題になると、しゃしゃり出てきます。

Windows よりも UNIX 系の方がファイルシステムの管理が賢いと思うのは、私だけでしょうか?

そもそも Windows の場合、ファイルの一部に傷が付くと、システム自体が立ち上がらなくなります。
逆に UNIX 系では、システム、/home 域などを別パーティションで確保しますので、
大部分を占める /home の一部に傷が付いたとしても、システムは立ち上がります。

こういう場合、電源投入のマウント時にエラーを吐きますので、
メンテナンスモードで fsck を叩いて壊れたものを取り除くとか、
手動マウント可能ならば、データをそのうちに移行してしまえば問題ありません。

ext3 では、停電時にもすぐリカバリできます。
ext2 でも、fsck が動くだけで、滅多に壊れません。


停電対策はいろいろあると思いますが、我が家では、ブレーカの電流を上げる根本対策を取りました。
RAID は、ダウン時のファイルの整合性が確保できるものではありません。
異なるブレーカを経由させた上でのサーバ分離であれば、話は別ですが。


> > 突然の停電によるクラッシュはほとんどのOS及びファイルシステムで起こります。
> > ファイルシステムが改善され起こりにくくはなっているものの100%起きないというものではありません。
>
> 早速のアドバイス有難うございます。
> スタンドアロンでは有りますがWin系では復活の呪文で何とかできました。
> Linuxでの対処法についてアドバイスいただければ幸甚です。
>
> > またハードウェアにも悪影響ですのでまずは電源の安定化を行った方がよいでしょう。
>
> 予算の関係でUPS導入は難しい状況です。RIDEを導入すれば停電などによる
> 突然のダウンにも有効でしょうか?


ファイルシステムはext3に。

No.13602 投稿時間:2003年11月22日(Sat) 14:34 投稿者名:ナンプジャガ URL:

APACHEさん,miniさん,帯鯖さん 貴重なアドバイス有難うございました。
先ずは、tepcoとの基本契約の見直しですね。

>ext3 では、停電時にもすぐリカバリできます。
RedHatの9をインストールしたいと思っていますので、ファイルシステムはext3
になると思います。大変参考になりました。
頑張ってLINUXサーバーでウエブリングの仲間入りをしたいと思っております。


この場合は電源容量のUPが最初の一手だと思います

No.13600 投稿時間:2003年11月22日(Sat) 14:06 投稿者名:mimi URL:

ナンプジャガさんの場合だと,電流容量のアップが根本的な解決方法だと思います.
UPSはその次の手段でしょう.

自宅に約3年間連続稼働させているWindowsマシンがあります(公開し
ているサーバーではありません).3年間連続稼働させての結果です
が,停電(瞬停)でマシンが落ちることはありませんでした.

AC100Vの電源品質まではモニターしていないので,この間に雷などで
瞬間的な停電は発生していた可能性はあります.しかし,マシンが落
ちる,あるいは,システムがクラッシュすることはありませんでした.

これは
(1) 電源そのものの品質が良くなっている(電力会社の電源供給経路
     で瞬停が発生し難いよう対処されている).
(2) マシンの性能(=消費電力)が低く,かつ,電源に300ワット
     の物を持ち手いるため瞬間的な停電があっても電源内部のコン
     デンサに蓄えられた電力で何とか持ちこたえていた.
と考えられます.

ですから,ブレーカーが落ちる事を対処するのが一番だと思います.


私の場合,公開するWeb Serverを立ち上げましたが,考えた結果UPS
は設置しないことにしました.

理由は,上に書いたように私の所では瞬停がほとんど無かったこと以外に

(1)  商業的なWeb Pageは公開していないので,停止しても金額的な
      損害は発生しない.[ハードウエアが故障する話は別として]
(2) マトモナUPSは結構値段が高い.
(3) 安物のUPSでは安全面(特に火災)で不安がある.
(4)  UPSのランニングコストが高い.
   →UPS自体の消費電力やバッテリーの保守費用

その代わり,本当にヤバいとき(雷がひどいとき)は手動でマシンを停
止させることにしました.

以上ご参考まで.


|目次|掲示板|過去ログ目次|▲頁先頭|