投稿日:2003年10月22日 作成鷹の巣

No.13031 IISでCGI(perl)の処理中にブラウザを閉じると、サーバー機のCPU使用率が下がらなくなります。



IISでCGI(perl)の処理中にブラウザを閉じると、サーバー機のCPU使用率が下がらなくなります。

No.13031 投稿時間:2003年10月22日(Wed) 16:29 投稿者名:とある侍忍法・鉄火マン URL:

過去に載っていたら申し訳ございません。

タイトルの通り、サーバーはWin2000のIISを使用しております。
皆様にお伺いしたいのですが、何らかのCGIを外部ブラウザから実行しますと、
サーバーのCPU負荷率は若干上がり、処理が終わると(ブラウザに結果表示)
当然負荷した分のCPU率が下がります。

ところが、ブラウザの処理中にブラウザを閉じると、負荷したサーバーCPU率が下がらなくなり、
同じ事を何度も繰り返すと、CPU100%を突破してしまいます。
・・・これは仕様なのでしょうか?

perlプログラムに問題があるのか、IISの設定に問題があるのか分かりません。

実は結構困っております。
どなたかこの質問に何か感じるものがあれば、どうか教えて下さいませ。


時間制限をつければ

No.13038 投稿時間:2003年10月23日(Thu) 08:57 投稿者名:OAK URL:

IISに付いては知識がありません
本当にそうなのですか?
UNIX系は必ずBrokenPipeで終了します。これはWindowsにはないのですしょうか

抜本対策ではないかもしれませんが
CGIその物に又はIISの設定で時間制限をつければ回避できるでしょう


何かございましたら宜しくお願い致します。

No.13039 投稿時間:2003年10月23日(Thu) 10:16 投稿者名:とある侍忍法・鉄火マン URL:

返信ありがとうございます。

> 抜本対策ではないかもしれませんが
> CGIその物に又はIISの設定で時間制限をつければ回避できるでしょう

CGIに対する時間制限はあるのですが、時間が経ってもCPU率はそのまま下がらないようです。
現在色々調べておりますが、このような事例が他では見当たらずまさにトホホです。
引き続き頑張りますので、また何かございましたら宜しくお願い致します。

OAKさんありがとうございました。


|目次|掲示板|過去ログ目次|▲頁先頭|