投稿日:2003年05月12日 作成鷹の巣

No.10093 学内のプロキシサーバーを無効化する方法は?



学内のプロキシサーバーを無効化する方法は?

No.10093 投稿時間:2003年05月12日(Mon) 23:59 投稿者名:student URL:

初めまして。某大学で大学院生をしているのですが大学のプロキシができてからというもの
HTTPで1MB以上のファイルがUPできなくなってしまいました。知人に学内でサーバーを
構築すればプロキシにかからないのでUPできるようになるのでは?と言われ構築してみようかと
考えています。(サーバーを構築すればUPできるようになるんでしょうか?)
サーバー構築の本を購入して勉強してみたのですがDNSの設定がよくわかりません。
本には固定IPでドメインを取得しこのIPをプライマリーDNSにすると書かれていました(私の解釈ですが)。
大学から割り当てられているIPは202.~なので一応グローバルIPだとは思うのですが使用できるIPアドレスは
一つしかありません。このIPでドメインを取得してサーバーを構築するのか大学のドメイン~.ac.jpを使用するのか
わかりません。また、本ではセカンダリはISPが与えてくれると書いてありましたが学内の場合はどうなるのでしょう?。
私の知識不足で質問が意味不明になっているかも知れませんが学内や社内でサーバーを構築する方法に
ついてでも結構ですのでどうかご助言下さい。
よろしくお願いします。


イントラネットサーバーだよ

No.10094 投稿時間:2003年05月13日(Tue) 00:14 投稿者名:もりもり@神戸 URL:http://www.mok2.net/HServer/

もりもりと申します。

昔、昔、私も学内のLAN管理の仕事をさせられていました。

学内でたてるサーバーはイントラネットサーバーといって、ファイヤーフォールが
あって、プロキシー越えしかHTTPが使えないのであれば、インターネットサーバー
にはなりません。

イントラネットサーバーでも、apache、NIS、NFS、samba、netatalk、データベースサーバー
などのサーバー構築が可能です。
DHCPは1ドメインだと禁止ですね。
DNSもたててはだめでしょう。

というわけで、プロキシーでの制限を止めたい目的で学内サーバーを
と言う意味であれば、実現は不可能です。

私の場合も実は、自宅から学内にアップできなから、自宅にサーバーを設置
しました。学内から操作して、リモートで自宅サーバーからsftpなどを使っての
作業などもやっております。

まあ、プロキシーでの容量制限やメールでの容量制限されている場合は、
自宅サーバーが非常に有効なんでしょうね。


学内から自宅サーバー?

No.10095 投稿時間:2003年05月13日(Tue) 00:22 投稿者名:student URL:

もりもりさん、早速のレスありがとうございます。
そうですか、大学のプロキシを抜ける方法はありませんか。。。
もりもりさんのレスの中で
学内から自宅サーバーを操作して・・・という文章がありましたがこれはどういうことでしょう?
sftpってftpみたいなファイル転送プロトコルですよね?
この方法を使えば学内からでも1MB以上のファイルがUPできるのでしょうか?
もし可能だとすればぜひ挑戦してみたいので参考になるHPか本などあれば教えてください。

よろしくお願いします。


容量制限をかけている場合

No.10100 投稿時間:2003年05月13日(Tue) 08:08 投稿者名:もりもり@神戸 URL:http://www.mok2.net/HServer/

もりもりです。

おはー。

プロキシーやメールなどのサーバーでアップやダウンの容量制限をかけている
場合は、抜け道はないです。
今はっと気づいたのですが、これって、学内でftpだと容量無制限という話
なのかもしれませんね。httpとメールだけにかけているのであれば、
アップする場合は、ftpクライアントを使っての利用だけで済みます。

前回私が書いたのは、学内の出入りの部分で容量制限をかけているのであれば、
ファイルのコピーなどは、フラッシュメモリやCDなどの書き込みがメインで
外部とのやり取りにしているのだと思い書きました。

要するに、学内では操作するだけで、実際には自宅サーバーからすべて
やりとりする。
学内に持っていく場合は、フラッシュやCDでアップやダウン。

ということで、学内からのアップは直接できないよ。
小さなファイルを自宅サーバーにアップして、大きくなったものを一気に
自宅サーバをリモートで他の外部サーバーへアップするということ
になるのでしょうね。


|目次|掲示板|過去ログ目次|▲頁先頭|