投稿日:2002年12月28日 作成鷹の巣

No.7432 多量のメールを送信時のエラーで帰ってきたメールは、再送信可能だった。



多量のメールを送信時のエラーで帰ってきたメールは、再送信可能だった。

No.7432 投稿時間:2002年12月28日(Sat) 17:12 投稿者名:stakanashi URL:

お世話になります。
ArgoMailServerをテストで使いだしてます。
一度に多くのメールを送信したところ、エラーで帰ってきたメールがあまりにも多かったので1部を調べて見たんですが、例えば下記が帰ってきたエラーです。
This report relates to your message:
of Fri, 27 Dec 2002 22:29:41 +0900
Your message was not delivered to: someone@acompany.co.jp
for the following reason: unable-to-transfer
and the following diagonostic: recipient-reassignment-prohibited
***** The following information is directed towards the local administrator

acompany.co.jp(実際のドメイン名とは違います) をNslookupでMXレコードをしらべてTELNETで接続し、RCPTTO:SOMEONEで送信しようとするとSederOKで送信が可能です。
全部が同じエラーメッセージではありませんが、UnkownUSERで帰ってきたものを同じようにやるとOKのものがあります。
念のため、再度送信してみるとエラーで帰ってきたうちの半数が送信されました。
こうなると、1回の送信ではダメで何回か再送しないとダメということになってしまいます。
こんなもんなのでしょうか?
それから、ArgoMailServerはエラーで送信できない場合何回リトライしているのでしょうか?
送信にあまりにも時間がかかるのでなにかいい手はないものかと。


用途は、どんなことにご使用でしょうか?

No.7469 投稿時間:2002年12月29日(Sun) 09:39 投稿者名:鷹の巣 URL:http://sakaguch.com/

> ArgoMailServerをテストで使いだしてます。
> 一度に多くのメールを送信したところ、エラーで帰ってきたメールがあまりにも多かったので1部を調べて見たんですが、例えば下記が帰ってきたエラーです。

ご使用のWindowsの種類やマルチスレッドに対応していないArgoMailServerのFree版かどうかや
どの程度のメールサイズのメールを何通送信されたのか不明な点が多いので、良く解りません。

> acompany.co.jp(実際のドメイン名とは違います) をNslookupでMXレコードをしらべてTELNETで接続し、RCPTTO:SOMEONEで送信しようとするとSederOKで送信が可能です。
> 全部が同じエラーメッセージではありませんが、UnkownUSERで帰ってきたものを同じようにやるとOKのものがあります。
> 念のため、再度送信してみるとエラーで帰ってきたうちの半数が送信されました。

ということは、送信したメールの半数は、確実にエラーメールということですね。

> こうなると、1回の送信ではダメで何回か再送しないとダメということになってしまいます。
> こんなもんなのでしょうか?

半数のエラーメールは、繰り返し送信されますし、配送エラーになりますと、
ArGosoft Mail ServerのMailer Daemonから、配送エラーの通知(受信処理)を受けます。
尚、配送エラーの通知(受信処理)が優先されて、送信は後回しにされますので、
SMTPサーバーの時間的な能力以上の送信を行うと送信エラーの悪循環に陥ります。

> それから、ArgoMailServerはエラーで送信できない場合何回リトライしているのでしょうか?

配送エラーになりますと、繰り返し10回まで、送信されます。

> 送信にあまりにも時間がかかるのでなにかいい手はないものかと。

送信不可能なメールアドレスを除去することがまず前提になりますが、
スパムメールの様な使用方法になってしまっていますね。
用途は、どんなことにご使用でしょうか?詳しくご説明して下さい。


|目次|掲示板|過去ログ目次|▲頁先頭|