投稿日:2002年10月08日 作成鷹の巣

No.5655 FTP転送でPASVモードが使えなくなりました



FTP転送でPASVモードが使えなくなりました

No.5655 投稿時間:2002年10月08日(Tue) 10:57 投稿者名:カイナン URL:http://yaguma.ath.cx

皆様こんにちは.カイナンです.
先日ルータをcorega BAR SW-4P PROからHGに変えたんですが,表題のようにPASVモードで転送できなくなりました.
FTPサーバはProFTP,クライアントはWindowsよりNextFTPを使っています.
ルータの設定で20,21,25,80,110番のポートをサーバに通しています.
クライアントのPASVのチェックをはずせば正常に転送できますので実害はないんですが.
どうしてPASVモードが使えなくなったんでしょうか?


FTPはデータの中にIPアドレスを含むから

No.5662 投稿時間:2002年10月08日(Tue) 19:26 投稿者名:かつ URL:http://www.kkoba.com/

カイナンさん、こんばんは。

ルータを変えてPASVが使えなくなったのなら、ルータのせいです。

FTPは、TCP/IPのヘッダだけでなくデータの中にもIPアドレスを含むので、
FTPで通信するためには、そのIPアドレスをルータが変換する必要があります。

具体的にIPアドレスをデータ中に含むのは、
1 LAN内のクライアントが発行するPortコマンド
2 LAN内のサーバが発行するPasvコマンド
の2種類です。
ADSLのルータは、自宅サーバの事を考慮していないので、1のみに対応
していることが多いです。

パソコンおやじさんのサイトに詳しく載っていて、ProFTPDなら対応策も
書いてあります。
http://www.aconus.com/~oyaji/router/ftp.htm


新しいファームウェアがでればなおるかもしれませんね。

No.5685 投稿時間:2002年10月10日(Thu) 14:52 投稿者名:カイナン URL:http://yaguma.ath.cx

丁寧な御返答ありがとうございます.
さっそくおやじさんのページにある
MasqueradeAddress ルータのWAN側アドレス 又は ドメイン名
PassivePorts 最小ポート番号 最大ポート番号
を設定して実験してみます.
以前使っていたcorega BAR SW-4P PROではPASVモードで使えていたので
新しいファームウェアがでればなおるかもしれませんね.


|目次|掲示板|過去ログ目次|▲頁先頭|