投稿日:2002年08月05日 作成鷹の巣

No.4468 サーバーOSがwindows2000でクライアントOSがwindows98、95の場合の相性



サーバーOSがwindows2000でクライアントOSがwindows98、95の場合の相性

No.4468 投稿時間:2002年08月05日(Mon) 16:40 投稿者名:じゅん URL:

こんにちわ、淳といいます。
私、仕事で2000サーバーを立ち上げたのですが、クライアントが98,95のユーザ-のかたから
接続が出来ないといわれました。その問題はlmhostsファイル記入、ネットワークドライブ割り当ての時に
マシン名記入で解決したのですが(IP記入だけでは接続できない)相性みたいなものが有るのでしょうか?
おしえてください。


サーバーにアカウントは作ってありますか?

No.4471 投稿時間:2002年08月05日(Mon) 19:35 投稿者名:simmn URL:

2000の場合にはセキュリティが強化されているので、確か、ログオンしたいサーバーにそのユーザーの
アカウントを設定してやらないと接続できなかったと思います。(NTドメインはもちろん、WGでも
そうだったように記憶していますが、最近は9Xを使っていないので忘れてしまいました。)
しかしその場合にはクライアントにログオン画面が出るのでわかると思います。

もし、ログオン画面も出なくて、接続自体が失敗しました、と出る場合には、確かネットワークカード
の設定画面の一つにNTドメインに参加するかWGにするかみたいな設定があったと思います。

なお、ファイル共有は接続しようとするマシンの1台がマスターブラウザという役割を演じるのですが、
2000があれば先ず2000がマスターブラウザになって、そこで他のパソコンの一覧を管理します。
この相互認識には数分間必要です。ケーブルを差して即繋がるとは限りません。

ご質問のLAN環境(プロトコル、セグメント等)が不明ですが、同一フロア内程度のLANでしたら
通常はLMHOSTSファイルは不要ではないかと思います。


サーバーにユーザーのアカウントは作成してあります。

No.4491 投稿時間:2002年08月07日(Wed) 09:47 投稿者名:じゅん URL:

御意見有難う御座います。実際サーバーにユーザーのアカウントは作成してあります。
LAN環境としては同じ階ですが場所は離れています。セグメントは違うという事です。
実際WINDOWS98ユーザーからは接続出来ないといった声が多々聞かれます。
そのたびに私が直接行ってLMHOSTSファイルを書き、PINGを通してネットワークドライブの
割り当てでマシン名を直接記入して接続できるといった状態です。
詳しいことは分かりませんが、9895と2000サーバーの相性はあまりよくないと思います。


セグメントを越えるにはActiveDirectoryまたはWINSが必要

No.4495 投稿時間:2002年08月07日(Wed) 18:30 投稿者名:simmn URL:

大原則として、ワークグループにはセグメントを超えられないという弱点があります。

セグメントが違うという事ですと、Win2000ですとActiveDirectoryの導入を試してはいかがでしょうか。
実は私は自宅サーバーでかなり試行錯誤してようやく「コツ」がわかったような状況で、例えば参考書には「ActiveDirectoryは
NetBIOSが必要ない」とか書いてありますが、実際にやってみると、NetBIOS廃止どころか、ファイル共有をやめただけでも
グループポリシーがエラーになってしまう(NBTはオン)とか、訳の分からぬところがあって、小規模のドメインならNT4時代の
NTドメインの方がはるかに容易に導入できます。

あるいは、ADやNTドメインまでは導入しなくても、WINSサーバーをオンにすることによって、LMHOSTSファイルが
無くてもセグメントを越えた接続ができるらしい(本で読んだ)です。
WINSは動的に名前解決してくれます。また、無駄なトラフィックの発生も抑制されるとのことです。
(多分、WINS導入の場合にはNetBIOS Over TCP/IP(略してNBT)もインストールする必要があると思いますが、
LMHOSTSで接続出来ているということはNBTは導入済みかもしれません。)

ActiveDirectoryについては、自宅でセグメントをあえて異なった設定にして、Win2000のルーティング機能も使って、2~3台のマシンが
相互認識できることを確認していますが、WINSについては本で読んだことがあるだけで、自分で使ったことはありません。


ActiveDirectoryについての補足

No.4496 投稿時間:2002年08月07日(Wed) 18:55 投稿者名:simmn URL:

クライアントに9xがある場合には、ActiveDirectoryを「混在モード」(既定)で使えば、PDCエミュレーション(旧NTドメインの
PDCの代役。9xのクライアントを認識してくれる。)により9xマシンもADに参加できるはずです。

なお、ActiveDirectoryのドメインコントローラを降格させる「dcpromo」という機能がありますが、これは本番環境では決して使わない
ようにしてください。アカウントまで消えてしまって取り返しのつかない事態に陥ります。


いっそ、セグメントをひとつにしてしまうとか。

No.4497 投稿時間:2002年08月07日(Wed) 19:09 投稿者名:simmn URL:

以前、自宅でマシンを数珠つなぎにしてルーティングのテストをしていたとき、確かActiveDirectoryやWINSとは無関係に
「隣同士のワークグループがファイル共有の一覧に表示された」記憶があります。そのときのセグメントは別々だったような気がします。

あと、いっそのこと同一セグメントにしてしまい、ルータも省くという解決策が一番手っ取り早いかもしれません。
セグメントは同一にして、ワークグループ名だけフロアごとに変えてやるのです。


NetBEUIならIPアドレスも不要

No.4505 投稿時間:2002年08月08日(Thu) 00:57 投稿者名:simmn URL:

一つのセグメントだけで運用するのなら、いっそのことNetBEUI(ネットビウイと読むらしい。)だけでWGやファイル共有をする
という手もあります。パフォーマンスは、名前解決が不要なのでこれが一番速いです。

NetBEUI(ご存知かもしれませんが、ローカルエリア接続アイコンを右クリックして現れる画面のインストール-プロトコルで
インストールする)をインストールしてファイル共有をオンにしておけば共有を許可したフォルダに接続できます。
もちろん、プリンタも共有できます。

IPアドレスがいらないのでセグメント問題も当然無関係。ルーターは超えられない(というかIPアドレスを使わないのでルータは意味が
無い)と思います。

なお、その場合でもWin2000Serverへのログオンは必要です。


|目次|掲示板|過去ログ目次|▲頁先頭|