投稿日:2002年06月10日 作成鷹の巣

No.3592 ドメインの維持管理費はどこに払うものなのでしょうか?



ドメインの維持管理費はどこに払うものなのでしょうか?

No.3592 投稿時間:2002年06月10日(Mon) 09:52 投稿者名:JUN URL:http://www.yano3.jp

ドメイン(属性)によって、維持管理費が違うたとえば、com 2000円弱,jp 4000円弱 何で値段が違うのかな。又、維持費はどこに払うものなのでしょうか?


サービスその他で値段がかわります

No.3597 投稿時間:2002年06月10日(Mon) 11:44 投稿者名:OAK URL:

> ドメイン(属性)によって、維持管理費が違うたとえば、com 2000円弱,jp 4000円弱 何で値段が違うのかな。又、維持費はどこに払うものなのでしょうか?

支払いは登録した業者に払います。
ドメイン管理団体が卸ねを決めています。
jp com nu tv それぞれ違うわけですね
さらに業者がどこから仕入れる(管理団体直か問屋を通しているか)値段が違う場合や、その業者の体質、
薄利多売とかいろいろ安全面サービス面で付加を付けているか、国内で為替交換手数料などさまざまです。

われわれが業者を選ぶ場合も、カード決算か銀行振込か、DNSサービスがあるかなど付加価値を見ながら
値段とを比較して決めています。

http://www.domain.getter.nu/

を見てください。同じドメインを取るのにもずいぶん値段の開きがあるものですね。
一般に国内業者が高いのは、昔高かったころの値段を(一般人が知らないことをいいことに)そのまま使っているためだと
思われます。こういう業者からは買わないように。

海外ドメインを取る場合、国内であつかってないと英語だけではだめで、その国の言葉が理解できないとトラブルになる事もあります。
また送金方法なども重要な要素です。外国への銀行振込はかなり手数料がかかります。
また昨年ある業者が破綻してドメインが使えなくなったりしています。そういうリスクも考えて決めるように。


ドメイン名で値段が違う理由の追記。

No.3622 投稿時間:2002年06月11日(Tue) 15:05 投稿者名:鷹の巣 URL:http://sakaguch.com/

OAKさん、どうもありがとうございます。


> > ドメイン(属性)によって、維持管理費が違うたとえば、com 2000円弱,jp 4000円弱 何で値段が違うのかな。又、維持費はどこに払うものなのでしょうか?
>
> 支払いは登録した業者に払います。
> ドメイン管理団体が卸ねを決めています。
> jp com nu tv それぞれ違うわけですね
> さらに業者がどこから仕入れる(管理団体直か問屋を通しているか)値段が違う場合や、その業者の体質、
> 薄利多売とかいろいろ安全面サービス面で付加を付けているか、国内で為替交換手数料などさまざまです。


ちょっと、話が脱線しますが、IPv4のIPアドレス(32ビット幅)について、このサイト
http://www.nic.ad.jp/doc/jpnic-00117.html
を一度ご一読願います。このページの一番下に別表(IPアドレス割り当て手数料・維持料の額および支払い方法)というのが書いてあります。
プリフィクス表記で、/20(IPアドレスの個数で4096個)が一番小さな IP ネットワークアドレスで、IPアドレス維持料は、
一ヶ月当り50,000円です。ということは、プロバイダのIPアドレス1個の維持料は、原価で一ヶ月当り12.2円となります。
これを我々がプロバイダから、固定IPアドレスを1個割り当ててもらうには、一ヶ月当り12.2円ではなくて、約2000円となります。

従って、近い将来、IPv6のIPアドレス(128ビット幅)になると、固定IPアドレスは、タダ同然になるはずです。

以上のIPアドレスの様に管理する総数(上限)が決まっている場合、数が多いほど1個当りの単価は安くなります。

一方、ドメイン名の方ですが、これは、アルファベット等で63文字まで、組み合わせられる訳ですから、IPv6以上に原価は、ゼロの筈です。
只、管理費(運用費)自体は、発生しますので、トップレベルのドメイン名によって使用ドメインの数(お客さんの数)が多ければ多いほど、
そのドメイン名は、薄利多売が可能となって、取得費(2年目からは、維持費)は、安くなります。


> われわれが業者を選ぶ場合も、カード決算か銀行振込か、DNSサービスがあるかなど付加価値を見ながら
> 値段とを比較して決めています。
>
> http://www.domain.getter.nu/
>
> を見てください。同じドメインを取るのにもずいぶん値段の開きがあるものですね。
> 一般に国内業者が高いのは、昔高かったころの値段を(一般人が知らないことをいいことに)そのまま使っているためだと
> 思われます。こういう業者からは買わないように。


URLありがとうございます。jpドメインの様な八百屋さんがcomドメインの様なスーパーマーケットの様になりたいのであれば、
JPNICは、まず赤字覚悟で、卸価格を下げないといけません。
又、小売業者は、サービス内容がcomドメインの小売業者と同じであれば、年2,000円以下の費用に抑えなければなりません。


> 海外ドメインを取る場合、国内であつかってないと英語だけではだめで、その国の言葉が理解できないとトラブルになる事もあります。


海外ドメインを取る場合は、相談できるWebページや実績のある業者を慎重に選ぶ必要がありますね。


> また昨年ある業者が破綻してドメインが使えなくなったりしています。そういうリスクも考えて決めるように。


リセラー(再販業者)の場合は、これがあると恐いですね。検索エンジンに、独自ドメイン名でURLが載っているとそう簡単には変更が出来ません。
やはり、これの安全策となると選択肢は、レジストラ(登録業者)ということになります。
レジストラ(登録業者)でしたら、必ず、引き受け先のレジストラ(登録業者)が現れます。


上記の言葉で、わからない言葉がありましたら、こちら
http://computers.yahoo.co.jp/dict/
で、調べて下さい。


以下のサイトとそのリンク先も読んで下さい。
2.摘要(フィルタリング)
http://sakaguch.com/Tekiyou.html
手順 I.自分のドメイン名の取得とDNSサーバー名の設定
http://sakaguch.com/MyDomain.html


|目次|掲示板|過去ログ目次|▲頁先頭|