投稿日:2002年05月23日 作成鷹の巣

No.3254 ダイナミックDNS下のメールサーバ運用の注意点



ダイナミックDNS下のメールサーバ運用の注意点

No.3254 投稿時間:2002年05月23日(Thu) 00:06 投稿者名:a1 URL:

みなさん、こんばんわ。
自宅サーバを行う上で、鷹の巣さんのページには大変お世話になっています。
よいページをありがとうございます。

質問です。
みなさん、ダイナミックDNSの下でメールサーバをたてていらっしゃいますよね?
もし接続が切れて、IPアドレスが変わってしまった場合、ちょうどそのタイミングでメールが送られ
かつ、プロバイダへ接続された他の人が変わる前のIPを取得され、メールサービスを立ち上げていたら、
そこに潜り込んでしまいますよね?

こういったことへの対策はどうしていますか?

これが怖くてメールサーバの公開ができずにいます。
なお、サーバ公開にて最終的にやりたいことはメーリングリストです。

一応、当方の環境をしるしておきます。
So-netADSL8M の回線を使い、VineLinux2.5FTP版で運用。
よろしくお願いいたします


MTAの受け入れドメイン指定があるから、大丈夫。

No.3255 投稿時間:2002年05月23日(Thu) 01:04 投稿者名:なべけん URL:http://www.tknetworks.oc.st/

そのような状況に陥ることはないとは思いますが、まぁ可能性はあるとして。

MTAで、受け入れるドメインを指定しますよね?
もし、古いIPアドレスで他人がメールサーバーを運用していてもドメインが違うのでエラーメールが帰ってくるだけだと思いますけど。

ではでは。


追記。

No.3256 投稿時間:2002年05月23日(Thu) 02:05 投稿者名:鷹の巣 URL:http://sakaguch.com/

> そのような状況に陥ることはないとは思いますが、まぁ可能性はあるとして。
>
> MTAで、受け入れるドメインを指定しますよね?
> もし、古いIPアドレスで他人がメールサーバーを運用していてもドメインが違うのでエラーメールが帰ってくるだけだと思いますけど。


その通りですね。ダイナミックDNSの場合は、Aレコードに定義しているIPアドレスのexpire(寿命)が極端に短く、10分以下ですから、
エラーメールも帰って来ることはないと考えますが、DNSサーバーにキャッシュに前のIPアドレスが残っていると悪くするとエラーメールに
なるかも知れません。


IPアドレスが変るということとちょっと違いますが、
私は、windowsサーバーですから、今日もAM1時50分にブラウザIE6のセキュリティUpdateのため、システムを再起動し、
5分程度メールサーバーを停止しました。MTAに再試機能が備わっていますから、10分程度は、平気でメールサーバーを停止したりします。


メール中継要求にご注意を

No.3260 投稿時間:2002年05月23日(Thu) 09:01 投稿者名:OAK URL:

最近、中継要求のメールがよくきます。みなさまご注意を。
自分宛以外のメールを中継していないかチェックしてみてください。

** accept 12.239.196.209(12-239-196-209.client.attbi.com) 2002-05-21 15:07:11 ***
HELO mail.abc.com
MAIL From: <austin3042@aol.com>
RCPT To:<doable102@yahoo.com>
RCPT To:< doable@subdimension.com>
RSET
QUIT

** accept 67.32.102.133(adsl-32-102-133.bhm.bellsouth.net) 2002-05-23 02:38:57 ***
HELO mail.china.com
MAIL From: <firstcomm1@china.com>
RCPT To:<rosco@inbox.lv>
RCPT To:<areyouopenrelay@aol.com>
QUIT


|目次|掲示板|過去ログ目次|▲頁先頭|