投稿日:2002年04月27日 作成鷹の巣

No.2715 DNSサーバーのMXやCNAMEは、バーチャルドメインが普及してから加わった機能?



DNSサーバーのMXやCNAMEは、バーチャルドメインが普及してから加わった機能?

No.2715 投稿時間:2002年04月27日(Sat) 23:33 投稿者名:ky URL:http://gya.jp/

さて、古い話で恐縮ですが、MX や CNAME って、バーチャルドメインが普及してから加わった機能じゃなかったでしたっけ?

最初は、実ドメインだけなら、いらなかったような?
すなわち
Aレコードに設定してあれば、
ブラウザで gya.jp なら http
FTPソフトで gya.jp なら ftp
メーラーで gya.jp なら メールサーバ
に、ポートで振り分けてくれるので、最初はなかったと思いましたが。

その名残で、Aレコードしか設定しなくてもすべてAレコード設定のドメインに振ってくれると思いますが。

で、私は、www.gya.jp とか ftp.gya.jp とか mail.gya.jp とか
設定しないで、手抜きで使っとります。
ガッハッハ

失礼


独自ドメイン名でMXレコードがないのは、ちょっと理解できません。

No.2716 投稿時間:2002年04月27日(Sat) 23:55 投稿者名:鷹の巣 URL:http://sakaguch.com/

> さて、古い話で恐縮ですが、MX や CNAME って、バーチャルドメインが普及してから加わった機能じゃなかったでしたっけ?


私も2001年6月から、自宅サーバーを始めた初心者ですから、古い話のことは、よくわかりません。
ただ、最初は、ドメイン名がなくてIPアドレスしかなかったですから、ルートドメインのarpaしか知れません。
(現在も逆引きで、使用されています。)

# バーチャルドメインというのは、バーチャルホストの意味ですよね。(バーチャルドメインの方が正確かも知れませんか。)


> 最初は、実ドメインだけなら、いらなかったような?
> すなわち
> Aレコードに設定してあれば、
> ブラウザで gya.jp なら http
> FTPソフトで gya.jp なら ftp
> メーラーで gya.jp なら メールサーバ
> に、ポートで振り分けてくれるので、最初はなかったと思いましたが。
>
> その名残で、Aレコードしか設定しなくてもすべてAレコード設定のドメインに振ってくれると思いますが。
>
> で、私は、www.gya.jp とか ftp.gya.jp とか mail.gya.jp とか
> 設定しないで、手抜きで使っとります。


どのようなDNSサーバーをご使用でしょうか。
確かにwww.gya.jp と ftp.gya.jp と mail.gya.jp が1個のIPアドレスで運用されている場合は、アクセスするサービスポートの番号で、
応答するサーバーが変りますから、問題はないように考えられます。

しかし、DNSサーバーにCNAMEレコードがないとすると
www.gya.jp A vvv.xxx.yyy.zzz
ftp.gya.jp A vvv.xxx.yyy.zzz
mail.gya.jp A vvv.xxx.yyy.zzz
の様になるかも知れませんが。独自ドメイン名でMXレコードがないのは、ちょっと理解できません。


メールエクスチェンジャレコード(MXレコード)の意義は...

No.2719 投稿時間:2002年04月28日(Sun) 08:58 投稿者名:yk URL:http://gya.jp/inst-qmail-vida.html

本題からはずれたゴミ記事ですが・・・

> しかし、DNSサーバーにCNAMEレコードがないとすると
常に本名を名乗っていれば別名と本名を対応させる情報(CNAME)は、無意味じゃ・・

> 独自ドメイン名でMXレコードがないのは、ちょっと理解できません。

メールエクスチェンジャ(MXレコード)の意義は、
#メール配送先に対応するホスト名がAレコードになくても、
#メール配送先のホストのホスト名をMXで名前解決できる。
#(逆にメール配送先に対応するホスト名がAレコードにあれば、そこで名前解決)

と、理解しとります。間違ってるのかな?

とはいえ、現在では、複雑化してますので、MXレコードを登録するのが推奨されてますが・・
個人のチマチマした運用なのでねぇ そこまで・・ という感じです。
さらに
こっそり運用してるのに、メールサーバがありますよ。
って大声出す(ネームサーバに登録する)のもなんか危ない気もするし・・・

BINDでは少なくとも、Aレコードにホスト名と対応したアドレスがあれば、
そのホスト名で設定したサービスは働いてくれます。

Aレコードに gya IN A 123.123.123.123 を指定し、MX CNAME がなければ,
http://gya.jp/
ftp://gya.jp/pub/
popサーバー名 gya.jp
smptサーバー名 gya.jp
など・・ で動いてくれます。
試してみては?


これはBINDで言えば、BIND8以降での話ですね。

No.2728 投稿時間:2002年04月28日(Sun) 22:13 投稿者名:鷹の巣 URL:http://sakaguch.com/

> > しかし、DNSサーバーにCNAMEレコードがないとすると
> 常に本名を名乗っていれば別名と本名を対応させる情報(CNAME)は、無意味じゃ・・


独自ドメイン名が2個や3個の自宅サーバー運用でしたら、CNAMEは、無意味かも知れませんね。(あった方が選択肢が増えて良いのですが。)


> > 独自ドメイン名でMXレコードがないのは、ちょっと理解できません。
>
> メールエクスチェンジャ(MXレコード)の意義は、
> #メール配送先に対応するホスト名がAレコードになくても、
> #メール配送先のホストのホスト名をMXで名前解決できる。
> #(逆にメール配送先に対応するホスト名がAレコードにあれば、そこで名前解決)
>
> と、理解しとります。間違ってるのかな?


Aレコードだけでは、メール配送先に複数の配送先を設けて、配送順位をつけることは、出来ませんね。
(Aレコードを沢山書くとラウンドロビン(たらい回し)にはなりますが。)


> とはいえ、現在では、複雑化してますので、MXレコードを登録するのが推奨されてますが・・
> 個人のチマチマした運用なのでねぇ そこまで・・ という感じです。


自宅で1台のサーバー機で、DNSサーバーやWebサーバーやSMTPサーバーが稼動している場合、
確かにセカンダリDNSサーバーやセカンダリSMTPサーバーは、必要ないかも知れませんが、規則ですからね。


> BINDでは少なくとも、Aレコードにホスト名と対応したアドレスがあれば、
> そのホスト名で設定したサービスは働いてくれます。
>
> Aレコードに gya IN A 123.123.123.123 を指定し、MX CNAME がなければ,
> http://gya.jp/
> ftp://gya.jp/pub/
> popサーバー名 gya.jp
> smptサーバー名 gya.jp
> など・・ で動いてくれます。
> 試してみては?


試したことは、ありませんが、これはBINDで言えば、BIND8以降での話ですね。

# 最近の多くのダイナミックDNSサービスがこのAレコードだけで、メール配送までやっています。


セカンダリSMTPサーバー を建てない人は生きていけないのか。

No.2733 投稿時間:2002年04月29日(Mon) 01:21 投稿者名:yk URL:

> Aレコードだけでは、メール配送先に複数の配送先を設けて
根本的に、前提条件が違うようですね。なぜすぐ複数がでてくるかなぁ。

> 配送順位をつけることは、出来ませんね。
一個しかないものに順位は、ひとつだけですね。

名前ひとつ と アドレス1個 に対応させて
バージョンに依存するかなぁ???

> これはBINDで言えば、BIND8以降での話ですね。

> (Aレコードを沢山書くとラウンドロビン(たらい回し)にはなりますが。)
こんなことしても、BIND8以降では、まともに動くんですか? すごいっ!


> 規則ですからね。
質問 セカンダリSMTPサーバー を建てない人は生きていけないのか。
セカンダリというからには、地理的、アドレス的に遠くなきゃならんだろうけど。


セカンダリSMTPサーバーは、有る方が良いという程度ですよ。

No.2734 投稿時間:2002年04月29日(Mon) 07:11 投稿者名:鷹の巣 URL:http://sakaguch.com/

> > Aレコードだけでは、メール配送先に複数の配送先を設けて
> 根本的に、前提条件が違うようですね。なぜすぐ複数がでてくるかなぁ。
>
> > 配送順位をつけることは、出来ませんね。
> 一個しかないものに順位は、ひとつだけですね。
>
> 名前ひとつ と アドレス1個 に対応させて
> バージョンに依存するかなぁ???


すみません。根本的に、前提条件を1つと考えますと、


> Aレコードに gya IN A 123.123.123.123 を指定し、MX CNAME がなければ,
> http://gya.jp/
> ftp://gya.jp/pub/
> popサーバー名 gya.jp
> smptサーバー名 gya.jp
> など・・ で動いてくれます。
> 試してみては?


ご存知だと思いますが、「://」の前に付いているhttpとかftpとか言うのは、ハイパーテキストとかファイルと言った
トランスファプロトコル(転送の通信手順)なんです。従って、これで標準の使用ポート番号が80番や25番と決まります。
http://gya.jp/は、http://gya.jp:80/と同じですし、ftp://gya.jp/pub/は、ftp://gya.jp:21/pub/と同じです。
メールの受信で言えば、パケットに書かれている宛先ポート番号が25番であれば、メールのパケットだと識別出来ます。
これらの議論は、トランスファプロトコルレベルでの話しですから、DNSサーバーのBINDやその設定の話とは、無関係です。
勿論、http://gya.jp/abt_dns.html は、ダイナミックDNSサービスに特化した話だとは、理解出来ますが。


> > これはBINDで言えば、BIND8以降での話ですね。


Aレコードが、MXレコードを兼ねるという話の続きとして、これは、ダイナミックDNSサービスでの話をしていました。


> > (Aレコードを沢山書くとラウンドロビン(たらい回し)にはなりますが。)
> こんなことしても、BIND8以降では、まともに動くんですか? すごいっ!


自宅サーバーとは、あまり関係ありませんが、
SMTP1.exsample.com A vvv.xxx.yyy.zzz
SMTP2.exsample.com A vvv.xxx.yyy.zzz
SMTP3.exsample.com A vvv.xxx.yyy.zzz
の様にAレコードの右側のIPアドレスが同じである場合には、ラウンドロビンされ、負荷分散出来ます。
ちなみにこの機能は、BIND4.9以降で実装され、バッチを当てたBIND4.8.3のシャッフルアドレスレコードと同じ動作を行います。


> > 規則ですからね。
> 質問 セカンダリSMTPサーバー を建てない人は生きていけないのか。


同じ行に書いてしまったので、間違いました。
セカンダリSMTPサーバーは、有る方が良いという程度ですよ。セカンダリDNSサーバーは、設定すべきです。


> セカンダリというからには、地理的、アドレス的に遠くなきゃならんだろうけど。


ご指摘のように現在、gya.jpのご利用になっているネームサーバーは、ホスティングサービス(?)の
ns.inetd.co.jp intenet address = 211.13.206.137
ns2.inetd.co.jp intenet address = 211.13.206.138
で、ネットワークセグメントが同じですから、この様な運用形態では、上位のネットワークに障害が起きますと
インターネットから孤立してしまいますね。
従って、セカンダリSMTPサーバーは、上位のネットワークに障害が起きますと有っても無くても同じということになります。

自宅サーバーと言えどもメールは、全て受信したいですから、私は、セカンダリSMTPサーバーが利用出来る場合は、
迷わず、設定して利用すべきだと考えます。

ちょっとDNSサーバーとの関係がよくわかりませんが、gya.jpのWebサーバーは、こちら
The site gya.jp is running Apache/1.3.22 (Unix) (Red-Hat/Linux) DAV/1.0.2 mod_perl/1.24_01 on Linux.
の自宅サーバーなんですよね。


# ゴミという表現は、ご使用しないで下さい。ご投稿内容の問題提起が目新しいので、スレッドを独立させました。
# ご不明な点がありましたら、スレッドを続けて下さい。


MXレコードは、ドメイン宛メールの転送先ホストを決定する。

No.2748 投稿時間:2002年04月29日(Mon) 23:09 投稿者名:かつ URL:http://www.kkoba.com/

kyさん(ykさん?)、こんばんは。

> メールエクスチェンジャ(MXレコード)の意義は、
> #メール配送先に対応するホスト名がAレコードになくても、
> #メール配送先のホストのホスト名をMXで名前解決できる。
> #(逆にメール配送先に対応するホスト名がAレコードにあれば、そこで名前解決)
>
> と、理解しとります。間違ってるのかな?
同じ事を言っているのだとは思いますが、私の理解は少し違います。
「MXレコードは、ドメイン宛メールの転送先ホストを決定する」

例えば、メールサーバーがmail.example.comの場合、本来のメールアドレスはwebmaster@mail.example.comです。
でもMXレコードを利用すると、webmaster@example.comという、よりわかり易いメールアドレスが利用できます。

言い換えれば、
「MXは転送先ホストを指定して、MXが指定しているホストはAまたはCNAMEで解決される」
だと思います。
MXはホスト名を「解決」はしません。MXはホスト名を「指定」するだけです。

なんか細かいことをしつこく済みません。


|目次|掲示板|過去ログ目次|▲頁先頭|