投稿日:2002年04月02日 作成鷹の巣

No.2254 ArGoMailServerのSMTPリレー制限について。



ArGoMailServerのSMTPリレー制限について。

No.2254 投稿時間:2002年04月02日(Tue) 15:02 投稿者名:NEO URL:http://www.missing.2y.net:8000/

ちょっと、あれ?って思ったので質問します。

ArGoMailサーバーのSMTPのリレーの設定ではSMTPを使って外部へメールを送ることのできるマシンのIPなど設定で貴下と思うのですが、たとえば会社などから自宅のArGoMailserverにアクセスするとき、そして会社からのインターネットへの接続がダイアルアップで(まずないかな。。汗)IPがころころかわるとします。
そうするとSMTPリレーのところで設定したIPアドレスが有効じゃない可能性が非常に高くなってしまいます。

そこで、SMTP認証をしようしてSMTPリレー制限をバイパスする、というのがArGoMailserverの仕様のようですが、もしクライアントのメーラーがAPOPやSMTPAuthoricationをサポートしていなかった場合、どのようにしてSMTPをサーバー外部から利用できるのでしょうか?

たとえばドメインごとにデフォルトでSMTPリレー制限をバイパスできるようにとかって設定できますかね?

#手元にArGoMailserverインストされたマシンがないので、ちょっとあやふやですが・・・


リモートから、ArGoMailサーバーの利用は、推奨していません。

No.2284 投稿時間:2002年04月05日(Fri) 11:30 投稿者名:鷹の巣 URL:http://sakaguch.com/

> ArGoMailサーバーのSMTPのリレーの設定ではSMTPを使って外部へメールを送ることのできるマシンのIPなど設定で貴下と思うのですが、たとえば会社などから自宅のArGoMailserverにアクセスするとき、そして会社からのインターネットへの接続がダイアルアップで(まずないかな。。汗)IPがころころかわるとします。
> そうするとSMTPリレーのところで設定したIPアドレスが有効じゃない可能性が非常に高くなってしまいます。


以前は、リモート側が非固定IPアドレスの場合、これにサブドメイン名を取って、「SMTP Authentication」タブの設定の
「Do Not Authenticate Following IP Address」欄にサブドメイン名を入れて認証なしで、自宅のArGoMailサーバーの送信ができました。
(現在は、この欄には、IP Addressしか入れられないので、現在は、認証なしでの送信は出来なくなりました。)


> そこで、SMTP認証をしようしてSMTPリレー制限をバイパスする、というのがArGoMailserverの仕様のようですが、もしクライアントのメーラーがAPOPやSMTPAuthoricationをサポートしていなかった場合、どのようにしてSMTPをサーバー外部から利用できるのでしょうか?
> たとえばドメインごとにデフォルトでSMTPリレー制限をバイパスできるようにとかって設定できますかね?


現在は、SMTP認証で、POP3接続のユーザー名とパスワードを使用してのSMTP-LOGIN認証する設定にしておりますので、
メーラ(メールクライアント)で、ポート110番が開いていてメールをリモートから読み出さすことが出来れば、送信は可能です。
但し、メーラは、SMTP-LOGIN認証をサポートしていなければいけません。
また、APOPではありませんので、ユーザー名とパスワードがメールを読み出す時に平文でインターネット上を流れます。
また、メール送信時もSMTP-LOGIN認証ですから、ユーザー名とパスワードがメールを読み出す時に平文でインターネット上を流れます。
従って、事実上、リモートから、ArGoMailサーバーの利用は、推奨していません。


リモートでは危ないと思いました。

No.2313 投稿時間:2002年04月07日(Sun) 06:30 投稿者名:NEO URL:http://www.missing.2y.net:8000/

> 従って、事実上、リモートから、ArGoMailサーバーの利用は、推奨していません。

うぅーん。ようすればArGOのServerはどちらかというと、パーソナルユースっていうことですか。。。
たしかにリモートでは危ないと思いました。

hotmailなどを使う、というのは忘れてましたね・・・・笑。

情報ありがとうございます。


KeepCopiesのチェックをオンにしてメール転送機能を利用。

No.2294 投稿時間:2002年04月05日(Fri) 20:40 投稿者名:simmn URL:

自宅メールサーバーは週に2~3度は不正中継の試みをされるものの、
ArGoを「要認証」の設定にしているのでそうした試みはことごとく拒絶に
成功しています。
さて、以下はそれとは少し違う話ですが、・・・
やはり外出先からのポップ接続で着信メールを読み出すのは危険なので、
ArGoのメール転送機能を使って別のプロバイダのメールアドレスに受信した
メールをコピー転送してメールチェックをするようにしています。
具体的には、ArGoのユーザー設定画面でForward Addressに転送したい先の
メールアドレスを入れてやります。また、KeepCopiesのチェックをオンに
しておけば転送後も受信メールがサーバーに残っています。
これで、出先から自宅メールサーバーに直接POP接続しなくても
メールをチェックできるという訳です。


リモートでメールを読み出すだけでしたら...。

No.2310 投稿時間:2002年04月07日(Sun) 00:15 投稿者名:鷹の巣 URL:http://sakaguch.com/

> やはり外出先からのポップ接続で着信メールを読み出すのは危険なので、
> ArGoのメール転送機能を使って別のプロバイダのメールアドレスに受信した
> メールをコピー転送してメールチェックをするようにしています。
> 具体的には、ArGoのユーザー設定画面でForward Addressに転送したい先の
> メールアドレスを入れてやります。また、KeepCopiesのチェックをオンに
> しておけば転送後も受信メールがサーバーに残っています。
> これで、出先から自宅メールサーバーに直接POP接続しなくても
> メールをチェックできるという訳です。


リモートでメールを読み出すだけでしたら、ご指摘のようにArGoのメール転送機能を使うのが一番だと考えます。
ただ、この場合もプロバイダのメールアドレスに転送するより、Web上でsecure(?)なmsnのhotmailの方が良いのでは?


|目次|掲示板|過去ログ目次|▲頁先頭|