投稿日:2002年01月31日 作成鷹の巣

No.1323 FTPについてご教授下さい



FTPについてご教授下さい

No.1323 投稿時間:2002年01月31日(Thu) 11:25 投稿者名:ぐっちー URL:

はじめまして、FTPをたてる時に大変参考にさせていただきました。
素晴らしいWebサイトをありがとうございます。

何とか昨日、無事にFTPサーバーをたてる事が出来たのですが
少し困った事がおきてしまっているので間違いをご指摘いただければと
投稿させてもらいました。

症状ですが、私のFTPに問題なく快適に接続できる人、全く出来ない人、
時々繋がるが不安定な人、の3通りの方がいらっしゃいます。
原因をいろいろと調べているのですが、どの辺が悪いのかさえ
わからないのが現状です・・・
何か確認方法等のお知恵を頂ければ幸いです。よろしくお願いします。

**環境**
ルーター :Planex BRL-04F
(20・21番ポートを空けてます(と思います(^^;))
FTPソフト :TFTPDを使用しています。
DNSサービス:Ziveさんを使用させてもらっています。
(IPがちゃんと振られているのは確認できています)


FTPサーバーからFTPクライアントまでの経路全てを調査?

No.1331 投稿時間:2002年02月01日(Fri) 00:03 投稿者名:鷹の巣 URL:http://sakaguch.com

> 症状ですが、私のFTPに問題なく快適に接続できる人、全く出来ない人、
> 時々繋がるが不安定な人、の3通りの方がいらっしゃいます。
>
> **環境**
> ルーター :Planex BRL-04F
> (20・21番ポートを空けてます(と思います(^^;))
> FTPソフト :TFTPDを使用しています。
> DNSサービス:Ziveさんを使用させてもらっています。
> (IPがちゃんと振られているのは確認できています)


TFTPDということで、OSが何かわからないのですが、FTPサーバー側には、問題ないと考えます。
ISDNの時は、あまり問題がなかったように思うのですが、MTU値(バケットサイズ)などを最適化しないと、パケットロスが生じるみたいです。
FTPクライアントの3者の違いをもう少し、詳しく教えて下さい。
お聞きしたいことは、FTPクライアント側の使用回線とプロバイダとリンク速度、MTU値、使用OS、使用FTPクライアント名、ルータの使用の有無とルータの型式などです。
とにかく、FTPサーバーからFTPクライアントまでの経路をハードとソフトを問わずに情報収集しないとわからないと思います。

そうすると、一例ですが、このような感じに
快適に接続できる人--------
全く出来ない人------------クライアント側で、ルータ越えが出来ているか。転送モードがPASVモードになっていないか。
時々繋がるが不安定な人-----ADSL等のMTU値(バケットサイズ)などを最適化
整理が出来るのではないでしょうか。


実際にあった例)
windows 2000クライアントでメモリを128MB以上搭載している人がクライアントであるにも拘らず、処理をバックグラウンド優先にしています。
このような人は、大容量のファイルをFTP転送している時に何かのサービスが立ってくると、通信エラーが生じます。
程度問題ですが、大量のパケットロスが生じるとハングアップしている様に見えます。


協力してもらい、原因を絞っていきたいと思っております。

No.1372 投稿時間:2002年02月05日(Tue) 11:18 投稿者名:ぐっちー URL:

お返事が遅れてしまい申し訳ありませんでした。

>ISDNの時は、あまり問題がなかったように思うのですが、MTU値(バケットサイズ)などを最適化しないと、パケットロスが生じるみたいです。
なるほど。この辺をもう一度読み返してみます。

>お聞きしたいことは、FTPクライアント側の使用回線とプロバイダとリンク速度、MTU値、使用OS、使用FTPクライアント名、ルータの使用の有無とルータの型式などです。
>とにかく、FTPサーバーからFTPクライアントまでの経路をハードとソフトを問わずに情報収集しないとわからないと思います。
繋がらないクライアント側の設定ですが
・OSは2000・98SEとおられます
・使用回線はケーブル・ADSL・アナログです
・プロバイダとのリンク速度・MTU値はわかりません(^^ゞ
・FTPクライアントは決まってFFFTPです(ここが臭いです
・パッシブモードにはなってないとの事です。
・ルーターは所持している人していない人に別れます。

以上の状況ですが、この中には正常に繋がる人の組み合わせも混じっています。
もう少し協力してもらい、原因を絞っていきたいと思っております。

>実際にあった例)
>windows 2000クライアントでメモリを128MB以上搭載している人がクライアントであるにも拘らず、処理をバックグラウンド優先にしています。
>このような人は、大容量のファイルをFTP転送している時に何かのサービスが立ってくると、通信エラーが生じます。
>程度問題ですが、大量のパケットロスが生じるとハングアップしている様に見えます。
この辺も踏まえて調査を続けます
ありがとうございました。


分割転送(フラグメント)の発生とそのパケットロスにFTPクライアントが対応出来ていないのでは?

No.1381 投稿時間:2002年02月06日(Wed) 00:42 投稿者名:鷹の巣 URL:http://sakaguch.com

> ・FTPクライアントは決まってFFFTPです(ここが臭いです


色々教えて頂いてありがとうございます。FFFTPは、メジャーなFTPクライアントで、無視できませんが、私もFFFTPかなと思っています。


> ・パッシブモードにはなってないとの事です。


PASVモードは、ファイルの送受信毎に使用ホートが変化していきますので、サーバー側またはクライアント側で、1024番以上のポートを
使用するサービスが存在する場合にバッティングを起こす可能性があると考えるのですが、PORTモードでは、20番ポートだけですから、その懸念はないですね。


> 以上の状況ですが、この中には正常に繋がる人の組み合わせも混じっています。
> もう少し協力してもらい、原因を絞っていきたいと思っております。


どこから、どう手をつけて整理していくか、難しいところですが、
クライアントOSのMTU値の初期値は、
Windows95が1500で、(CATVインターネットや)会社などのLAN環境で利用する場合を想定しています。
Windows98は576で、モデムやISDNでのダイヤルアップ接続を想定しています。
Windows2000は1024で、フレッツADSLの1454やその他のPPPoE接続の1492を安全サイドに想定?している様です。


いずれにしても、経路上、MTU値の不統一による分割転送(フラグメント)の発生とそのパケットロスは、つきものですから、
これにFTPクライアントのFFFTPが対応出来ていないのかなと思ったりしています。
先ずは、FTPクライアントを変えてみて実験する方が正解かも知れませんね。結果のご連絡宜しく、お願い致します。


|目次|掲示板|過去ログ目次|▲頁先頭|