投稿日:2001年12月02日 作成鷹の巣

No.615 AN HTTPdでバーチャルドメインが利用できませんご教授をお願いします



AN HTTPdでバーチャルドメインが利用できませんご教授をお願いします

No.615 投稿時間:2001年12月02日(Sun) 11:47 投稿者名:ichimura URL:http://www.ichimura.tv./aki

はじめまして、サーバーの立ち上げに挑戦して半年、いまだ、まともにサーバーが立ち上がらず困っていましたところこのサイトを知り、まず鷹の巣さんにメールした次第です。よろしくお願いします。

2つのドメインを設定したのですが、どちらで接続しても1番目のドキュメントルートのホームページが表示されてしまう状況についてメールで指示いただきました項目については次のとおりです。
1.それぞれのドキュメントルートに違うホームページがあります。
2.「バーチャルホスト」タブ設定で、ホスト名に*(アスタリスク)がついたものはありません。
3.http.exeは1つしか起動していません。

OS:Win2000Server/自作機
プロバイダーはJANISでADSL接続です。
DNSはプロバイダーでプライマリー、セカンダリー共に用意してくれました。Webサーバーのポート設定については、JANISで中継を行う為ポートを8080番で起動してくださいとのことで8080に設定してあります。


2つのドメインは、同じ条件になってますか。

No.616 投稿時間:2001年12月02日(Sun) 16:25 投稿者名:鷹の巣 URL:http://sakaguch.com/

> プロバイダーはJANISでADSL接続です。
> DNSはプロバイダーでプライマリー、セカンダリー共に用意してくれました。Webサーバーのポート設定については、JANISで中継を行う為ポートを8080番で起動してくださいとのことで8080に設定してあります。


2つのドメインは、どちらも同じ条件になってますか。

1.DNSはプロバイダーでプライマリー、セカンダリー共に用意
2.Webサーバーのポート設定は、8080番
3.プロバイダーのJANISで中継を行う


2つのドメインは、同じ条件で使用。DNSは2つともJANISさんで設定。

No.617 投稿時間:2001年12月02日(Sun) 16:46 投稿者名:ichimura URL:http://www.ichimura.tv/aki

> > プロバイダーはJANISでADSL接続です。
> > DNSはプロバイダーでプライマリー、セカンダリー共に用意してくれました。Webサーバーのポート設定については、JANISで中継を行う為ポートを8080番で起動してくださいとのことで8080に設定してあります。
>
>
> 2つのドメインは、どちらも同じ条件になってますか。
>
> 1.DNSはプロバイダーでプライマリー、セカンダリー共に用意
> 2.Webサーバーのポート設定は、8080番
> 3.プロバイダーのJANISで中継を行う

はい、1.2.3.共に同じ条件です。
DNSは2つともJANISさんで設定してもらいました。


固定グローバルIPアドレス2個で、2つのドメイン名を運用されてませんか。

No.619 投稿時間:2001年12月02日(Sun) 19:29 投稿者名:鷹の巣 URL:http://sakaguch.com/

> > 2つのドメインは、どちらも同じ条件になってますか。
> >
> > 1.DNSはプロバイダーでプライマリー、セカンダリー共に用意
> > 2.Webサーバーのポート設定は、8080番
> > 3.プロバイダーのJANISで中継を行う
>
> はい、1.2.3.共に同じ条件です。
> DNSは2つともJANISさんで設定してもらいました。

私のバーチャルホストのウェブページのアクセスログは、
vvv.xxx.yyy.zzz - - [02/Dec/2001:19:14:38 +0900] "GET /index.html HTTP/1.1" 200 1994
vvv.xxx.yyy.zzz - - [02/Dec/2001:19:14:47 +0900] "GET /index.html HTTP/1.1" 200 2005
のようになっております。行の一番末尾のファイルサイズ1994バイトと2005バイトでしか識別できません。

グローバルIPアドレス1個で、バーチャルホストが動作するためには、
アクセスしてくるブラウザがアクセス先のドメイン名をWebサーバーに出力しなければ動作しません。


プロバイダーのJANISの公開資料
http://www.janis.or.jp/adsl/adslpre.pdf
を読んでみたのですが、固定のグローバルIPアドレス2個で、2つのドメイン名を運用されていませんか。

プロバイダーのJANISさんと契約された接続の仕様を教えてください。
1.グローバルIPアドレスは、固定か非固定か。
2.グローバルIPアドレスは、1個か2個か。
3.DNSはプロバイダーでプライマリー、セカンダリー共に用意されるのですが、
2つのドメイン名でアクセスがあった場合、グローバルIPアドレスは、同じか。
4.プロバイダーのJANISで中継を行うとは、プロキシサーバーを通るのか。
5.Webサーバーのサービスポートは、なぜ8080番を設定するのか。プロキシサーバーに関係しているのか。

などですが、プロバイダーのJANISさんに一度ご確認をお願します。


Re: 固定グローバルIPアドレス2個で、2つのドメイン名を運用されてませんか。

No.620 投稿時間:2001年12月02日(Sun) 23:16 投稿者名:ichimura URL:http://www.ichimura.tv/aki

> > > 2つのドメインは、どちらも同じ条件になってますか。
> > >
> > > 1.DNSはプロバイダーでプライマリー、セカンダリー共に用意
> > > 2.Webサーバーのポート設定は、8080番
> > > 3.プロバイダーのJANISで中継を行う
> >
> > はい、1.2.3.共に同じ条件です。
> > DNSは2つともJANISさんで設定してもらいました。
>
> 私のバーチャルホストのウェブページのアクセスログは、
> vvv.xxx.yyy.zzz - - [02/Dec/2001:19:14:38 +0900] "GET /index.html HTTP/1.1" 200 1994
> vvv.xxx.yyy.zzz - - [02/Dec/2001:19:14:47 +0900] "GET /index.html HTTP/1.1" 200 2005
> のようになっております。行の一番末尾のファイルサイズ1994バイトと2005バイトでしか識別できません。
>
> グローバルIPアドレス1個で、バーチャルホストが動作するためには、
> アクセスしてくるブラウザがアクセス先のドメイン名をWebサーバーに出力しなければ動作しません。
>
>
> プロバイダーのJANISの公開資料
> http://www.janis.or.jp/adsl/adslpre.pdf
> を読んでみたのですが、固定のグローバルIPアドレス2個で、2つのドメイン名を運用されていませんか。
>
> プロバイダーのJANISさんと契約された接続の仕様を教えてください。
> 1.グローバルIPアドレスは、固定か非固定か。
> 2.グローバルIPアドレスは、1個か2個か。
> 3.DNSはプロバイダーでプライマリー、セカンダリー共に用意されるのですが、
> 2つのドメイン名でアクセスがあった場合、グローバルIPアドレスは、同じか。
> 4.プロバイダーのJANISで中継を行うとは、プロキシサーバーを通るのか。
> 5.Webサーバーのサービスポートは、なぜ8080番を設定するのか。プロキシサーバーに関係しているのか。
>
> などですが、プロバイダーのJANISさんに一度ご確認をお願します。

JANISさんとの接続について
1.2.3.JANIS内プライベートアドレス(172.21.142.19)1つです。
4.JANISはHTTPとFTPともにプロキシサーバー(proxy.janis.or.jp:8087)を通している。
5.セキュリティーの為、独自ドメインサーバー公開サービスではHTTP、SMTP、POP、FTPにたいしてポート変換しているとのこと。

AN HTTPdのリモートリモートホストを取得を常時に設定、referer.logではそれぞれのドメイン名で接続を受けているのですが、なぜか同じドキュメントルートのHPが
JANISはセキュリティーをガチガチにかけていて、メールもJANISネット内でなければ読み出せない。

JANISに以前確認した内容は次のとおりです。(IIS5.0で試みていた)
「HTTPヘッダー情報を削除するようなことはしておりません。
こちらにWin2000Server+IIS5.0の環境がないため何ともいえませんが
他のユーザ様でも2つのドメインを1つのIPアドレスで公開されている
方もいらっしゃいます。」


プロバイダの接続仕様は問題なしです。

No.622 投稿時間:2001年12月03日(Mon) 06:51 投稿者名:鷹の巣 URL:http://sakaguch.com/

> JANISさんとの接続について
> 1.2.3.JANIS内プライベートアドレス1つです。
> 4.JANISはHTTPとFTPともにプロキシサーバー(proxy.janis.or.jp:8087)を通している。
> 5.セキュリティーの為、独自ドメインサーバー公開サービスではHTTP、SMTP、POP、FTPにたいしてポート変換しているとのこと。
>
> AN HTTPdのリモートリモートホストを取得を常時に設定、


AN HTTPdのリモートホストを取得を常時に設定は、ログファイルのアクセス元のグローバルIPアドレスを
FQDN(フルドメイン名)に逆引き変換しているだけですから、バーチャルホストとは、直接の関係はないですね。


> referer.logではそれぞれのドメイン名で接続を受けているのですが、


referer.log で2つのドメイン名で接続を受けているのが確認出来れば、プロバイダのJANISさんが
「HTTPヘッダー情報を削除するようなことはしておりません。」ということと結びつきます。


> なぜか同じドキュメントルートのHPが
> JANISはセキュリティーをガチガチにかけていて、メールもJANISネット内でなければ読み出せない。
>
> JANISに以前確認した内容は次のとおりです。(IIS5.0で試みていた)
> 「HTTPヘッダー情報を削除するようなことはしておりません。
> こちらにWin2000Server+IIS5.0の環境がないため何ともいえませんが
> 他のユーザ様でも2つのドメインを1つのIPアドレスで公開されている
> 方もいらっしゃいます。」


上記の内容を総合致しますと、通常のプロバイダと接続仕様が異なりますが、バーチャルホストに関しては、
この接続仕様が障害になっているとは、考えられません。

従って、Web サーバーの設定を疑うことになります。
http://hpcgi1.nifty.com/yito/namazu.cgi?query=%83o%81%5B%83%60%83%83%83%8B%83z%83X%83g&whence=0&max=30&result=normal&sort=field%3Atime%3Adescending
で、調べてもヒントになるものはないかもしれませんが、一度目を通して頂けませんか。
この中には、ローカルに試す方法
http://homepage1.nifty.com/yito/anhttpd/virtual.html
というのも記載されていたりします。

レジストリを一旦削除して、AN HTTPd のバージョン1.36bを再インストールして頂けませんか。
(1.37は、CGI関係でエラーになる可能性がありますので)
レジストリを削除すると設定データは、全てなくなりますので、設定データはメモしておいて下さい。
レジストリが削除できない場合は、こちら
http://homepage1.nifty.com/yito/namazu/gbook/20011021.2128.html
をご参照願います。


再インストールしてみます。

No.624 投稿時間:2001年12月03日(Mon) 11:29 投稿者名:ichimura URL:http://www.ichimura.tv/aki

> > JANISさんとの接続について
> > 1.2.3.JANIS内プライベートアドレス1つです。
> > 4.JANISはHTTPとFTPともにプロキシサーバー(proxy.janis.or.jp:8087)を通している。
> > 5.セキュリティーの為、独自ドメインサーバー公開サービスではHTTP、SMTP、POP、FTPにたいしてポート変換しているとのこと。
> >
> > AN HTTPdのリモートリモートホストを取得を常時に設定、
>
>
> AN HTTPdのリモートホストを取得を常時に設定は、ログファイルのアクセス元のグローバルIPアドレスを
> FQDN(フルドメイン名)に逆引き変換しているだけですから、バーチャルホストとは、直接の関係はないですね。
>
>
> > referer.logではそれぞれのドメイン名で接続を受けているのですが、
>
>
> referer.log で2つのドメイン名で接続を受けているのが確認出来れば、プロバイダのJANISさんが
> 「HTTPヘッダー情報を削除するようなことはしておりません。」ということと結びつきます。
>
>
> > なぜか同じドキュメントルートのHPが
> > JANISはセキュリティーをガチガチにかけていて、メールもJANISネット内でなければ読み出せない。
> >
> > JANISに以前確認した内容は次のとおりです。(IIS5.0で試みていた)
> > 「HTTPヘッダー情報を削除するようなことはしておりません。
> > こちらにWin2000Server+IIS5.0の環境がないため何ともいえませんが
> > 他のユーザ様でも2つのドメインを1つのIPアドレスで公開されている
> > 方もいらっしゃいます。」
>
>
> 上記の内容を総合致しますと、通常のプロバイダと接続仕様が異なりますが、バーチャルホストに関しては、
> この接続仕様が障害になっているとは、考えられません。
>
> 従って、Web サーバーの設定を疑うことになります。
> http://hpcgi1.nifty.com/yito/namazu.cgi?query=%83o%81%5B%83%60%83%83%83%8B%83z%83X%83g&whence=0&max=30&result=normal&sort=field%3Atime%3Adescending
> で、調べてもヒントになるものはないかもしれませんが、一度目を通して頂けませんか。
> この中には、ローカルに試す方法
> http://homepage1.nifty.com/yito/anhttpd/virtual.html
> というのも記載されていたりします。
>
> レジストリを一旦削除して、AN HTTPd のバージョン1.36bを再インストールして頂けませんか。
> (1.37は、CGI関係でエラーになる可能性がありますので)
> レジストリを削除すると設定データは、全てなくなりますので、設定データはメモしておいて下さい。
> レジストリが削除できない場合は、こちら
> http://homepage1.nifty.com/yito/namazu/gbook/20011021.2128.html
> をご参照願います。

現在、AN HTTPdは一切設定を受け付けない状態で、再インストールを考えていたところです、再インストールをしてみます。


再インストールしましたが結果は同じです。

No.635 投稿時間:2001年12月06日(Thu) 21:28 投稿者名:ichimura URL:http://www.ichimura.tv/aki

> > > JANISさんとの接続について
> > > 1.2.3.JANIS内プライベートアドレス1つです。
> > > 4.JANISはHTTPとFTPともにプロキシサーバー(proxy.janis.or.jp:8087)を通している。
> > > 5.セキュリティーの為、独自ドメインサーバー公開サービスではHTTP、SMTP、POP、FTPにたいしてポート変換しているとのこと。
> > >
> > > AN HTTPdのリモートリモートホストを取得を常時に設定、
> >
> >
> > AN HTTPdのリモートホストを取得を常時に設定は、ログファイルのアクセス元のグローバルIPアドレスを
> > FQDN(フルドメイン名)に逆引き変換しているだけですから、バーチャルホストとは、直接の関係はないですね。
> >
> >
> > > referer.logではそれぞれのドメイン名で接続を受けているのですが、
> >
> >
> > referer.log で2つのドメイン名で接続を受けているのが確認出来れば、プロバイダのJANISさんが
> > 「HTTPヘッダー情報を削除するようなことはしておりません。」ということと結びつきます。
> >
> >
> > > なぜか同じドキュメントルートのHPが
> > > JANISはセキュリティーをガチガチにかけていて、メールもJANISネット内でなければ読み出せない。
> > >
> > > JANISに以前確認した内容は次のとおりです。(IIS5.0で試みていた)
> > > 「HTTPヘッダー情報を削除するようなことはしておりません。
> > > こちらにWin2000Server+IIS5.0の環境がないため何ともいえませんが
> > > 他のユーザ様でも2つのドメインを1つのIPアドレスで公開されている
> > > 方もいらっしゃいます。」
> >
> >
> > 上記の内容を総合致しますと、通常のプロバイダと接続仕様が異なりますが、バーチャルホストに関しては、
> > この接続仕様が障害になっているとは、考えられません。
> >
> > 従って、Web サーバーの設定を疑うことになります。
> > http://hpcgi1.nifty.com/yito/namazu.cgi?query=%83o%81%5B%83%60%83%83%83%8B%83z%83X%83g&whence=0&max=30&result=normal&sort=field%3Atime%3Adescending
> > で、調べてもヒントになるものはないかもしれませんが、一度目を通して頂けませんか。
> > この中には、ローカルに試す方法
> > http://homepage1.nifty.com/yito/anhttpd/virtual.html
> > というのも記載されていたりします。
> >
> > レジストリを一旦削除して、AN HTTPd のバージョン1.36bを再インストールして頂けませんか。
> > (1.37は、CGI関係でエラーになる可能性がありますので)
> > レジストリを削除すると設定データは、全てなくなりますので、設定データはメモしておいて下さい。
> > レジストリが削除できない場合は、こちら
> > http://homepage1.nifty.com/yito/namazu/gbook/20011021.2128.html
> > をご参照願います。
>
> 現在、AN HTTPdは一切設定を受け付けない状態で、再インストールを考えていたところです、再インストールをしてみます。

再インストールにあたり、レジストリを削除しようとしたがregedt32でも完全に削除できませんでした。再インストールして上記マニュアルを確認しバーチャルドメインを設定しましたが以前と同じ状態です。IIS5.0ではバーチャルドメインを設定すると、どちらのドメインでも繋がらなくなる表情でしたが、、、。もっと他に問題があるのでしょうか?


administratorsにSYSTEM権限を与えれば、レジストリを削除可能。

No.637 投稿時間:2001年12月06日(Thu) 23:07 投稿者名:鷹の巣 URL:http://sakaguch.com/

> 再インストールにあたり、レジストリを削除しようとしたがregedt32でも完全に削除できませんでした。

AnHttpdをサービス動作にしてある場合はサービスのチェックをはずしてから、行って下さい。
regedt32を実行し、HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\AnHttpdをマウスで選択し、
画面上部の「セキュリティ」-「アクセス許可」画面で「詳細」押しボタンを押して下さい。
AnHttpdのアクセス制御の設定画面の「アクセス許可」タブで、削除しようとするadministratorsにSYSTEM権限を与えれば、削除できませんか。


> 再インストールして上記マニュアルを確認しバーチャルドメインを設定しましたが以前と同じ状態です。IIS5.0ではバーチャルドメインを設定すると、どちらのドメインでも繋がらなくなる表情でしたが、、、。もっと他に問題があるのでしょうか?


regeditを実行し、HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\AnHttpdをマウスで選択し、
画面上部の「レジストリ」-「レジストリの書き出し」で、ファイルに書き出し、私までメールで送って頂けませんか。守秘義務は守ります。


バーチャルドメイン解決しました。

No.723 投稿時間:2001年12月19日(Wed) 13:31 投稿者名:ichimura URL:http://www.ichimura.tv/aki

> > 再インストールにあたり、レジストリを削除しようとしたがregedt32でも完全に削除できませんでした。
>
> AnHttpdをサービス動作にしてある場合はサービスのチェックをはずしてから、行って下さい。
> regedt32を実行し、HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\AnHttpdをマウスで選択し、
> 画面上部の「セキュリティ」-「アクセス許可」画面で「詳細」押しボタンを押して下さい。
> AnHttpdのアクセス制御の設定画面の「アクセス許可」タブで、削除しようとするadministratorsにSYSTEM権限を与えれば、削除できませんか。
>
>
> > 再インストールして上記マニュアルを確認しバーチャルドメインを設定しましたが以前と同じ状態です。IIS5.0ではバーチャルドメインを設定すると、どちらのドメインでも繋がらなくなる表情でしたが、、、。もっと他に問題があるのでしょうか?
>
>
> regeditを実行し、HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\AnHttpdをマウスで選択し、
> 画面上部の「レジストリ」-「レジストリの書き出し」で、ファイルに書き出し、私までメールで送って頂けませんか。守秘義務は守ります。

鷹の巣 様
いろいろありがとうございました。JANIS側で、私の状況を検証する為Win2000でのテスト環境を整え検証してもらった結果、私と同じ結果となり、再度中継サーバーの設定の見直し(何処がどう違っていたのか分からないが)をしてもらい、無事バーチャルドメインが利用出来ることになりました。
この間、鷹の巣さまには、本当にお世話になりました、私としても鷹の巣様の指導(裏付け)がなければプロバイダーの動かすことが出来ませんでした。
これから、FTP、MAILサーバーの立ち上げに挑戦します。


バーチャルドメイン稼動万歳!FTPサーバーの設定例のページ追加しました。

No.729 投稿時間:2001年12月19日(Wed) 20:18 投稿者名:鷹の巣 URL:http://sakaguch.com/

> いろいろありがとうございました。JANIS側で、私の状況を検証する為Win2000でのテスト環境を整え検証してもらった結果、私と同じ結果となり、再度中継サーバーの設定の見直し(何処がどう違っていたのか分からないが)をしてもらい、無事バーチャルドメインが利用出来ることになりました。


バーチャルドメインの稼動おめでとうございます。


> これから、FTP、MAILサーバーの立ち上げに挑戦します。


FTPクライアントの設定例
http://sakaguch.com/SetFTPclient.html
FTPサーバーの設定例とログファイル例
http://sakaguch.com/SetFTPserver.html
を追加致しました。恐れ入りますが、読んで頂けますでしょうか。


頑張って下さいね。


AN HTTPdのバーチャルホストのローカルテストを実施してください。

No.730 投稿時間:2001年12月19日(Wed) 20:32 投稿者名:鷹の巣 URL:http://sakaguch.com/

referer.log にそれぞれのフルドメイン名が記録されていれば、
アクセスしてくるhttpヘッダ情報に接続先フルドメイン名は書かれています。
プロバイダのHTTPヘッダには、問題はなさそうです。

Windows2000のTCP/IP設定の「オプション」タブで、以下の内容を再確認して下さい。(デフォルトでしょうか。)
IP セキュリテイ---「IPSECを使わない」を選択。
TCP/IP フィルタリング---「TCP/IPフィルタリングを有効にする」のチェックをはずす


IPアドレスは、全て「*.*.*.*」でやって下さい。
8080番関係の衝突が気になるので、
以下のローカルでのテストを試して見て下さい。

1.AN HTTPd の「オプション/一般」の「バーチャルホスト」タブの設定は
ホスト名 IPアドレス ポート ドキュメントルート
www.ichimura.tv *.*.*.* 8080 X:\Dir1
www.ドメイン名 *.*.*.* 8080 X:\Dir2
localhost *.*.*.* 80 X:\Dir1
virtual *.*.*.* 80 X:\Dir2
として下さい。

2.hosts ファイルを検索して、ホスト名「virtual」を登録して下さい。
windows 2000 server の場合、多分
C:\WINNT\system32\drivers\etc
のフォルダにあると思います。
C:\WINNT\system32\drivers\etc\hosts を以下のように設定する。
127.0.0.1 localhost virtual
(「virtual」を追加してください。)

3.AN HTTPd のサーバー機より、下記URLにアクセスして下さい。
http://localhost/
http://virtual/

4.この時点で、バーチャルホストは、上手く行きましたか。

5.上手く行きましたら、AN HTTPd の設定で、ポート番号を
全て8080番にして下さい。

6.AN HTTPd のサーバー機より、下記URLにアクセスして下さい。
http://localhost:8080/
http://virtual:8080/

7.この時点で、バーチャルホストは、上手く行きましたか。

以上、結果をお知らせ下さい。頑張って下さいね。


AN HTTPdのバーチャルホストのローカルテストは、全て正常。

No.731 投稿時間:2001年12月19日(Wed) 20:40 投稿者名:鷹の巣 URL:http://sakaguch.com/

この回答は、鷹の巣がメールで受領しましたので、鷹の巣が書いております。ご本人の言葉ではありません。



AN HTTPdのバーチャルホストのローカルテストは、全て正常終了し、2つのローカルなホスト名で
各々のドキュメントルートが表示された。
ポート番号を8080番に変更しても同様の結果が得られた。


|目次|掲示板|過去ログ目次|▲頁先頭|